【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングの仕組みとは?東京で資金調達を検討しているなら

公開日:2019/03/08  

ファクタリング取引は欧米では帝国列強が本国から遥かはなれた海外からの、輸出入に際しての決済手段として利用されてきた歴史があり商取引でも広く普及しています。

これに対して日本国内に紹介されたのでここ30年ほどのことで、新たな資金調達手段のひとつと位置づけられています。

東京でも利用する企業が増えていますがその仕組みや注意点などを紹介します。

 

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは企業が有する取引際に対する売掛金債権を、支払期日前に早期現金化することです。

製造業や建設業などでは仕事を受注して完成させても、入金するまでには月単位での日数待たされることになるのが一般的です。

潤沢な資金を確保できていれば、こういった支払サイトの長期化も対して問題になることはありません。

しかし売掛金を回収してそのまま運転資金にあてているような、キャッシュフローが乏しい企業では支払期日までの期間を乗り切るのは容易なことではないない場合が少なくないのです。

このような早期現金化の他にも財務状況を悪化させないことで、取引先金融機関などに対する信用力にも悪影響を及ぼさないこともメリットの一つです。

売掛金が減少して現金化するに過ぎないので、債務に計上されることはなく、資産の部の売掛金が減少するだけで済みます。

さらに現金調達後に取引先が倒産した場合でも、支払いを受けられないことによるリスクも負担する必要がないわけです。

なぜなら売掛金債権を売却しているので、保証責任を追及されるいわれがなく取引先倒産により未回収リスクを回避することが出来るからです。

 

2社間取引と3社間取引の二つがある

東京のBtoBのシーンでファクタリング取引を行う場合には大別すると、2社間と3社間の二つの方法があります。

3社間取引は最も基本的な取引形態で、取引先に対して保有する売掛金債権を支払い期日前に売却して、その対価として現金を確保することになります。

現金化する際には審査の結果に応じて、手数料が差し引かれて残金の入金を受けることになるわけです。

相手方にとってみれば、現金の支払い先が代わることになるので、債権の帰属が変更になっている事実を認識する必要があります。

そのため利用会社からの通知が必要です。

3社間のポイントは相手方に、金融機関からの融資を受けられない状況が示唆される情報を得ることになるので、利用会社の信用性に不安を抱く可能性は否定できないことです。

これに引き換え2社間では、相手方に事実を通知することなく、現金化をすることが叶います。

つまり用いた会社の信用に対して、取引先に懸念を抱かせる事態は回避することが出来ます。

しかし2社間取引では手数料が高くなる傾向があり、現金化する点に関しては3者間の場合に比較すると少なくなります。

 

2社間ではなぜ、買取額が下がるのか

それではどうして3社間取引では手数料が低くなり、2社間では手数料が高額に設定されるような傾向が見られるのでしょうか。

東京で3社間の場合、債権譲渡を行うことになるので、ある程度の信用力のある会社から直接ファクタリング会社に売掛金が支払われることになります。

利用会社がこの取引を選択しても、特に不安を感じることがないような事業者であることが多いからです。

2社間取引では、資金繰りに窮しているであろう利用会社を経由して現金が流れていきます。

利用会社との間での債権の売買契約を済ませているにすぎず、取引先が一切関与しない取引になっているからです。

仮に取引先は信用力のある会社であっても、一旦利用会社の御社を経由することになるので、確実に現金が支払われるという保証がありません。

そのため御社を経由するだけでも、全体のリスクは高くなり、審査に際しても相手方だけでなく、利用会社の信用状況にも高い関心を抱くことになります。

結果的に2社間取引では審査も厳格になり、手数料が嵩んで買取価格も低くなるということを念頭に置く必要があるのです。

 

2社間取引はリスクも高いので手数料も高い

先ほど東京でファクタリング取引を3者間取引以外の形態を選択した場合には、売掛金の買い取り価格が低くなり審査も厳しくなると御紹介しました。

そもそもファクタリングを利用して運転資金を捻出するような会社は、金融機関からの融資を受けることが出来ない場合が多いわけです。

その理由には財務状況が悪化しているからかもしれませんし、あるいは信用力ギリギリまですでに融資枠を使い切っているなど、いずれにせよキャッシュフローに不足を来たしている状況が多いのは確かです。

資金繰りが厳しい利用会社を経由して、現金の支払いを受ける場合にはほかの支払いに充当されてしまったり、税務当局やほかの債権者から差し押さえを受けるリスクが高くなります。

もちろん常識のある経営者は、そのような行為に出ることは想定されないはずです。

しかし審査の際には直面する可能性のあるリスクを洗い出して、審査を通過させるか否かの判断をすることになります。

こういったハイリスク債権については、買取価格を低く抑えることでリスクヘッジにでようとするのはある意味、無理からぬところです。

できる限り高く債権を買い取ってもいたいなら、3社間取引の検討をおすすめします。

 

審査が甘いといっても急いではダメ

たとえ3社間取引を利用するにしても、あまりに急いでいるようなそぶりを見せると足元を見られてしまう恐れもあります。

24時間以内に300万円を現金化したい、といった急な金策の必要性に迫られていることも多い訳ですが、ここに落とし穴があるのです。

金融機関の審査などに比較すれば審査は早いとはいっても「そんなに急いで現金化したいなら安い買取価格でも了承するのでは」と考えられる可能性があります。

ここまで足元を見るような所為に出ないにしても、急な資金需要は事前に予想できたはずなのにどうして金策を出来なかったのか、と疑問を持たれるかもしれません。

そうなると利用会社である御社の経営状況にも疑念を抱かれる可能性も懸念されるところです。

またファクタリング会社それぞれでも、買取価格にかなり差が出てきます。

連絡後1時間ほどで券面額の60%で買い取るとの返答が来る一方で、2日ほど待つと追加書類を求められたけれども券面額の90%での買取の申し出があったなどの事例もあるほどです。

売掛金債権は御社の大事な資産、同じ審査なら相見積もりを買取額で比較して選択するべきでしょう。

 

トラブルがないように注意したいポイント

東京でファクタリングをうまく活用すれば、急な資金需要にも対応することが出来て経営上も有効なツールになります。

しかし他方でトラブルが発生する可能性があるのも事実です。

そこでトラブルに遭遇しないための注意点を、最後に確認しておきましょう。

即日現金化などレスポンスや対応が迅速でも、手数料が高額ではせっかくの現金も手にする額が少なくなってしまい意味がありません。

あまりに高額な業者は利用を控えるのが賢明です。

相場はだいたい10-20%程度で利息制限法の基準に沿っていることが多いです。

目安としては30%を超えるような業者は選択肢から外すのが妥当です。

2社間取引にもかかわらず、手数料が低く設定されているときも注意が必要です。

先ほどふれたように3社間取引と違って、ファクタリング会社が負う未回収のリスクは高い取引です。

そのためコストも嵩むのが通常です。

異様に低い手数料が設定されている場合、別名目で請求額が加算されている可能性は否定できません。

2回目以降の手数料は安くなるのが一般的です。

2回目以降も手数料が高いままの場合は、別のファクタリング会社の利用を検討することをおすすめします。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧