【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でファクタリングを利用するには保証人は不要だけどデメリットはある?

公開日:2019/03/08  

ファクタリングは、現在保有している売掛債権を買い取ってもらい早期に現金化したり、貸し倒れなど未回収に備えて予め額面を保証してもらったりするサービスです。

つまり新規債務ではなく既に債権を保有しているので保証人が不要などいくつかのメリットはありますが、デメリットの認識も重要です。

東京を初め各地方でもファクタリングに対応した金融機関が増えており、個人利用も可能です。

 

ファクタリングに保証人が不要な理由は?

現金が入るにもかかわらず、保証人が不要と聞くと違和感を覚える方が多いでしょう。

しかし、ファクタリングは債権を譲渡する仕組みですから、よく考えると特に不思議ではありません。

担保のように債務不履行になったときに備えるのではなく、当初より売買契約を成立させる方法だからです。

債権者の都合で譲渡するため額面通りのケースは少ないですし、対象債権の信用力によって割引率が大きくなることがあります。

保証人が不要で現金化できる方法は、融資やローンのように中小企業の経営者が個人資産を担保に申請しなくても済むので、事業がうまくいかない場合のリスクが小さいでしょう。

ただしファクタリングを利用する場合、同様の売掛債権であっても各社で手数料が異なる点は覚えておきましょう。

たとえば甲社が額面の10%で乙社が20%だとすれば、債権が10万円ならば両社で1万円の差額に過ぎませんが、額面が100万円ならば10万円の違いが生じます。

その他にもファクタリング会社ごとに条件が違いますから、保証人が不要という点で安心せずに各社を比較検討することが重要です。

 

2社間と3社間ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングは弁済期前に現金化できる点は良いのですが、2社間および3社間の契約にはそれぞれデメリットが潜んでいます。

2社間の場合、ファクタリング業者との契約だけで済むのは利用しやすいですが、売掛金は債権者が受取った上で業者に後日提供する必要があり、それまでは契約が継続し不安定な状態に置かれます。

また手数料が高いのもデメリットです。

一方3社間は、手数料が安く契約が成立した段階で債権者の義務は完了する点はメリットですが、売掛先にも通知し返済を金融機関に変更するお願いをする必要があります。

実は売掛先への通知が、債権会社の経営状況に対する疑念を招きかねずマイナスに作用する場合が考えられます。

売掛債権を弁済期よりも早く現金化したいことが判明すると、資金繰りに不安を抱かせ今後の取引に影響します。

売掛先はファクタリング対象の債権に関しては債務者ですが、自社製品を購入してくれるクライアントでもあります。

したがって、3社間の契約には慎重になるべきです。

2社間では通知は必要ありませんが、債権譲渡登記がなされると売掛先に知られる可能性は否定できません。

 

手数料以外に諸費用に関する認識が重要

手数料は債権額の5%から20%程度ですが、その他にも費用を考慮する必要があります。

いくら弁済期前に現金化できるといっても入手できる金額が少なければ、その分メリットは小さくなります。

手続きに関する費用といえば一般的には事務手数料を考えがちです。

たしかに契約会社および売掛先を審査するため、決算書や売掛履歴等を確認する審査手続きや契約書の作成など手間が必要ですが、これらは通常手数料に含めて算出されることが多いでしょう。

しかし事務手続きとは別にかかる諸費用があって、印紙代登記手数料が代表的なものです。

印紙は本契約による代金によって額面が変わり、5万円から100万円未満ならば200円で100万円から200万円以下なら400円分貼付しなければなりません。

また2社間ファクタリングでは債権譲渡登記が必要で、1件の債権の個数が5000個以下ならば7500円でそれ以上のときは1万5000円です。

登記の専門家に依頼する場合は、その事務手数料が数万円別途準備します。

ただし3社間の契約ならば登記する必要はありません。

さらに金融機関によっては契約書を公正証書で作成することがあり、その費用も予算に入れておいたほうが良いでしょう。

 

契約できる金融機関の見極めが難しい

日本ではファクタリングの歴史が欧米と比べて短く、しかも一部の金融機関で行われていたに過ぎません。

その代わり手形取引が盛んでした。

しかし、経済の不透明感が増すとともに手形への信用が減少し、中小企業の新たな資金調達手段としてファクタリングが注目され始めました。

そのことにより大手だけでなく中小金融機関が参入し、さまざまな条件で競っています。

こうした玉石混交の状態ですから、売掛債権を譲渡したい会社などは申込み先の判断を誤ると、経営へ問題を引き起こしかねません。

その見極め方ですが、当然の手続きを踏まずスピードだけを優先する会社は要注意です。

たとえば審査のために面談を行いますが、電話で申込んで後日書類を郵送するだけといった会社です。

住所や連絡先、口座なども契約前に確認したほうが良いでしょう。

優良企業の場合、顧客へ損害を与えたくないと同時に自社もリスクを避けたいですから契約には慎重なはずです。

時間と手間は申込む側としては面倒ですが、確実な契約を結ぶため、お互いの信頼関係維持のため不可欠です。

つまりこの点こそに信頼できる金融機関の基準があるでしょう。

 

東京のみならず地方でもサービスの比較が大切

各社のサービスを比較するサイトは検索するといろいろあります。

現金は経営に直結する要素ですから、大雑把な比較ではなく慎重に行うほうが良いでしょう。

東京で評判の良い金融機関をランキング形式で紹介したサイトでは、各社の契約までの手順や手数料、強みなどが掲載され比較しやすくなっています。

できるだけ多くの会社を一度に比較できるほうが調べる側には便利です。

たとえば50社ほどを5段階評価で示し、知りたい会社の概要を調べられるサイトがあります。

評価についてはどのような基準で誰が判断したのかは不明ですが、1つの判断材料にはなります。

中小金融機関では不安な方は、東京にある大手の会社から選べるサイトもあります。

知名度の高い銀行や証券会社が提供しているサービスの掲載はもちろんノンバンク系の条件を調べることも可能です。

こうした数あるサイトの情報を活用して無理なくメリットが最大化できる会社を探しましょう。

時間を掛ければ最適な契約が結べるはずです。

同時に分からない点を電話やメールで問い合わせてみたり、資料請求をすることも役立つでしょう。

 

ファクタリングの種類を再確認しよう

ファクタリングの種類は、いくつかの視点で分類できます。

たとえば2社間なのか3社間なのか、保証するものや国際間取引によるものなどがあります。

現金化する際にどの方法を選択すれば良いのか見極めるのは大切です。

そのためには分類を知ることが欠かせません。

本来譲渡するつもりがなかったのに譲渡を選択したり、保証によって債権を残すつもりが譲渡したりと意図と異なる選択は後の経営に影響を与えかねません。

また分類ごとに利用できる対象者が異なることがあり、一括と呼ばれる方法は、売掛金を受け取る側は申し込めず支払い側のみのサービスです。

国際間取引の場合は譲渡はできず保証のみが対象というように、正確に内容を理解していなければメリットやデメリットを比較検討しても時間を無駄にします。

サービス内容や分類はウェブを初め各メディアでも紹介されており、情報に不足はないでしょう。

行政機関のサイトでも一部その仕組が紹介されているので利用すると正確な情報が得られます。

電子システムを初めとして金融サービスは刻々と様変わりしており、ファクタリングもその一つと言えるでしょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧