【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で普及しているファクタリングと手形割引の違い

東京では様々な企業が手形の割引やファクタリングによって資金調達を行っています。

手形の割引は手形を担保にして融資を受けます。

ファクタリングは売掛金債権を譲渡して資金を調達します。

いずれも支払い期日より早く手形や売掛金債権を現金化できるというメリットがあります。

それぞれに異なるメリットがあるので、比較検討して最適な方法を選ぶことが重要です。

 

手形の種類と特徴の違いについて

手形とは一定の権利や資格を証明する書面のことです。

現在では一般的に商業手形のことを指します。

商品やサービスの提供する際に、売買契約などの商取引に基づいて振り出されるのが特徴です。

商取引によって予め決められていた金額を、将来の特定日に支払うことを約束した証券を商業手形と呼びます。

東京では多くの企業がファクタリングだけでなく割引によって資金調達を行っています。

約束手形と為替手形の2種類があり、約束手形は2社間で商取引を行う場合の支払いに利用されます。

為替手形は3社間における商取引の支払いに使われています。

一般的に様々な取引において広く利用されているのは約束手形です。

約束手形には振出人と受取人がいます。

振出人とはお金を支払う側のことです。

実際に発行するには、銀行における当座預金口座の開設が必要になります。

期日には口座から約束した金額が引き落とされます。

受取人は発行を受けた側で、支払い期日にお金を受け取ることができます。

サービスや商品を受取人が提供すると、振出人が手形を発行します。

即座に現金で支払わなくても取引を行うことができます。

 

商業手形による取引を行うメリットとは

手形取引を利用すると、支払いの期日を遅らせて時間を稼ぐことが可能になります。

一般的な信用取引の場合、下請法によって給付受領日から起算して60日以内のできる限り短い期間内に支払わなければなりません。

しかし手形取引の場合は支払いの期日に限界がないというメリットがあります。

一方で受取人には信用取引と比較して支払いの確実性が高いというメリットが存在します。

信用取引は法的拘束力が手形よりも弱いという特徴があります。

さらに、お金を引き落とすことができず半年間で2回不渡りが発生すると銀行取引が停止されます。

振出人は事実上の倒産状態になってしまうため、なるべく不渡りを回避しようと行動します。

信用取引と比較して手形取引の方が代金を受け取ることができる可能性が高くなります。

商業手形を利用した取引は振出人と受取人の双方にメリットが存在しますが、特に振出人のメリットが大きいのが特徴です。

振出人はクライアントなので受取人よりも立場が強いケースが多く見られます。

手形を利用すれば楽に資金繰りを行えます

受取人は支払い期間が長いと資金繰りが苦しくなるため、割引による資金調達を行うことになります。

 

手形割引による資金調達の仕組みについて

手形割引は振出人から発行された手形を決済日よりも前に現金化することです。

通常の手形取引では、受取人がすぐに換金することはできません。

しかし手形割引には依頼すればすぐに現金化できるという違いが存在します。

お金は銀行や割引業者から支払われます。

ただし期日よりも前に換金するので割引料を支払わなければなりません。

手形割引では受取人が銀行や割引業者に一定の料金を支払って割引を依頼します。

銀行や業者は即時に現金を支払います。

銀行や業者が引き受けた手形は期日に振出人の取引銀行で換金することになります。

受取人は一定の料金を支払う必要がありますが、期日前にお金の支払いを受けることができます。

東京では手形の割引もファクタリングも資金調達の手段として広く活用されています。

手形の割引が手形を利用して資金調達を行うのに対して、ファクタリングは売掛金債権を支払い期日前に換金するという違いが存在します。

いずれも早期に資金を調達できるという点では共通しています。

支払いの期日より早くお金が必要な場合、手形割引やファクタリングを活用すればスムーズに資金調達ができます。

 

貸し倒れリスクと責任の違いについて

手形を担保に融資を受けるのが手形割引です。

もし不渡りが発生したら、割引を依頼した受取人に買取義務が発生します。

手形の振出人が倒産した場合は、割引によって受け取った金額を返して買い戻さなければなりません。

一方ファクタリングは融資ではなく売掛金債権の譲渡です。

売却後は売掛先が倒産した場合でも譲渡人に影響はありません。

仮に売掛先が倒産しても、譲渡人は何の責任も問われずに済みます。

リスクを背負うのは譲渡人ではなく売掛金債権を買い取ったファクタリング業者です。

ファクタリングには2社間契約と3社間契約が存在します。

2社間の場合は譲渡人と業者だけで取引が行なわれます。

3者間の場合は売掛先も関与することになります。

2社間では譲渡人が売掛先から支払いを受けてさらに業者へ支払います。

そのため2社間の方が貸し倒れのリスクが大きいので手数料が高くなります。

2社間の取引では売掛金債権額の5%から15%が一般的な手数料相場とされます。

3社間の場合は1%から5%です。

手形の割引を行う場合の割引料は銀行の場合は1.5%から5%、業者の場合が3%から15%とされています。

 

手形割引とファクタリングの手数料について

東京では多くの企業が手形の割引やファクタリングによって資金調達を行っています。

コストは手形の割引の方が安いという特徴があります。

ただし不渡りが発生した場合に、割引を依頼した受取人が最終的な責任を背負うことになります。

ファクタリングであれば譲渡人が責任を追及されることはありません。

売掛金債権の支払い期間は下請法によると最長でも60日とされています。

一方で手形の場合は期間の制限がありません。

同じ手数料を支払った場合でも、期間という点から考えると手形の割引の方がコストパフォーマンスが良くなります。

それぞれにメリットがあるので、比較検討しながら最適な方法で資金調達を行うことが大切です。

いずれの方法を選ぶ場合にも、手数料はクライアントの信用力によって変動します。

クライアントは手形の割引の場合が振出人で、売掛金債権の譲渡の場合は売掛先です。

信用力の高い企業ほど手数料が安くなります。

手形の割引は一種の融資なので貸金業法による規制対象とされます。

売掛金債権の譲渡は売買契約であり貸金業法は適用されません。

早期に資金調達を行う場合には、手形割引の場合もファクタリングの場合も信頼できる業者選びが重要になります。

 

効率的な資金調達を行うポイントとは

東京には手形の割引やファクタリングを行う様々な業者が存在します。

手形の割引は貸金業法による規制対象となりますがファクタリングは対象外です。

手形の割引は貸企業の登録業者のみ行うことができます。

また割引料の設定は利息制限法の範囲内で行われることになります。

ファクタリングの場合は貸金業の登録が不要です。

利息制限法とは無関係に手数料を設定することができます。

手形の割引業者の方が貸金業による免許を受けているので安心感があります。

ただし手形の割引は融資に該当する一方でファクタリングは売掛金債権の売買契約なので、審査の難易度にも違いが存在します。

手形の割引は融資なので比較的厳格な審査が行なわれます。

赤字決済や債務超過などの問題を抱えていると審査を通過できない可能性があるので注意が必要です。

ファクタリングの場合は売掛先の信用力が重要になります。

実際に売掛金を支払う売掛先の信用力が高ければ、譲渡人が抱えている事情とは無関係にサービスを利用できます。

コストや資金繰りを重視する場合は、同じ手数料でも支払いまでの期間が長い手形を利用するのが効率的です。

貸し倒れリスクや審査の難易度を重視する場合はファクタリングを選ぶことになります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧