【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京の優良ファクタリング会社を見分ける方法とは

公開日:2019/03/08  

東京には様々な規模の優良なファクタリング会社が存在します。

しかし中には問題のある業者も存在するので注意が必要です。

問題のある業者を選んでしまうと、後でトラブルに発展する可能性があります。

契約を申し込む前に、信頼できる業者を見分けることが大切です。

手数料やサービス内容などをしっかりと確認する必要があります。

 

売掛金債権を現金化する場合には業者選びが重要です

東京には優良なファクタリング会社が多く存在します。

一方で問題のある業者も存在するため、契約を申し込む前に信頼できるかどうかを見分ける必要があります。

売掛金債権を譲渡して換金する方法は、企業のスムーズな資金調達を可能とします。

銀行などの金融機関から融資を受けなくても、より低いハードルをクリアすれば資金を調達できます。

そのため東京では多くの企業がファクタリングを利用して資金調達を行っています。

特に中小企業や個人事業主が利用するケースが多く見られます。

売掛金債権の譲渡は売買契約であり融資ではありません。

融資を受ける場合と比較して審査が緩く、実行されるまでの時間も短いというメリットが存在します。

ただしファクタリング会社選びは慎重に行なわなければなりません。

どの業者を利用するかによって企業の資金状況は大きく変化します。

契約後のトラブルを避けるためにも、優良な業者と問題のある業者をしっかり見分けることが大切です。

日本には様々な規模の業者が存在します。

初めて売掛金債権を現金化する場合には、大手の業者を選ぶケースが多く見られます。

東京には小規模な業者の中にも優良なものが多数存在します。

 

大手銀行系のファクタリング会社について

東京には様々な規模の優良ファクタリング業者が存在します。

小規模な業者の中にも信頼できるものが存在しますが、初めて売掛金債権を現金化する場合は実績のある大手を利用するのがおすすめです。

大手の業者は銀行系とそれ以外の2種類に分類することができます。

銀行自体が金融商品としてファクタリングを扱っているケースも多く見られます。

実績があり企業としての信頼性も高いので、安心してサービスを利用することができます。

ただし大手の銀行は大企業を取引対象としていることがあり、中小企業ではサービスを利用できない可能性も存在します。

基本的に売掛金債権の現金化は融資と比較して緩やかな審査が行なわれます。

しかし大手銀行が提供するサービスでは融資と同じように厳格な審査が行われています。

実行されるまでの時間も数週間ほど必要になることがあります。

主な大手銀行系のファクタリング会社には様々なものが存在しますが、基本的に営業対象としているのは大企業です。

中小企業が売掛金債権を素早く現金化したい場合には、銀行系以外のファクタリング業者を利用する必要があります。

 

中小企業や個人事業主には銀行系以外の業者がおすすめです

一般的に銀行系以外の業者は中小企業や個人事業主も対象としています。

また実際に現金化するまでの時間も短いという特徴があります。

中小企業や個人事業主が売掛金債権の現金化を考えるならば、銀行系以外の業者を選ぶのが通常です。

銀行系以外の大手業者には様々なものがあります。

東京には多くの優良な業者が存在しますが、実績のある大手を選べば安心です。

初めてファクタリングを行う場合には、大手業者を選ぶことをおすすめします。

銀行系以外であれば中小企業や個人事業主でも利用することができます。

ただし大手の業者を選ぶ場合にも、本当に信頼できるかどうか見分けることが大切です。

業者の中には大手を装って活動しているものがあります。

そのような業者を誤って選んでしまうと、後に思わぬトラブルに発展する可能性が存在します。

問題のある業者を選ばないためにも、信頼できる優良な業者を見分ける必要があります。

安心して契約を締結することができる業者を選ぶには、手数料や契約書の内容など様々なポイントが存在します。

スムーズに資金調達を行うためにも、事前に業者の特徴をよく把握することが重要です。

 

問題のある業者を見分けるポイントについて

金銭債権を現金化する際に一定の手数料がかかるのが通常です。

ファクタリングには利用者と業者の2社間で行うものと、売掛先を含めた3社間で行うものの2種類があります。

前者は利用者が売掛先から支払いを受けてさらに業者に支払います。

利用者が倒産すると業者が被害を被る可能性があるため、3社間の場合と比較して料金は高めに設定されます。

一般的な手数料の相場は2社間の場合が売掛金債権額の10%から25%ほどで、3社間の場合は5%から10%ほどとされています。

実際の料金は業者によって異なります。

手数料は信頼できる業者を選ぶ際の1つの基準とすることができます。

あまりに高額な料金を設定している場合は、悪徳業者である可能性が高いので注意が必要です。

実際に売掛金債権を現金化する場合には、複数の業者か見積りの提示を受けることが重要となります。

手数料やサービス内容を比較検討して条件の良い業者を選びます。

一方であまりに安い料金を提示する業者にも注意しなければなりません。

何らかの問題を抱えている可能性があるので、手数料の相場を考慮して業者を選ぶ必要があります。

 

売掛債権担保融資には注意が必要です

ファクタリング業者の中には売掛債権担保融資を勧めてくるケースが存在します。

売掛債権担保融資とは企業の売掛金債権を担保として金融機関が行う貸付のことです。

債権譲渡による現金化ではなく借金なので、後に返済が必要になります。

売掛金債権を譲渡する場合には、後から返済が求められることはありません。

しかし悪質な業者は債権譲渡を装って融資契約を締結させようとするので注意が必要です。

気づかないうちに貸付を受けており、後から高額な利息を伴う返済を求められるという可能性も考えられます。

そのようなトラブルを避けるためには契約内容をしっかりと確認しなければなりません。

契約書には細かな記載がありますが、それらを理解した上で契約を締結する必要があります。

悪質な業者は契約内容を偽るために契約書を発行しないというケースも存在します。

急いで資金調達が必要な場合には、焦って契約を締結してしまいがちです。

契約書を受け取らずに契約を締結してしまうと、後からトラブルになる可能性があります。

悪徳業者は急いで資金調達したいと考える利用者の心理を利用しようとするので注意が必要です。

 

優良な業者を見分けるには手数料やサービス内容の確認が重要です

問題のあるファクタリング業者は契約書を発行しないことがあります。

また契約書を発行しても、記載内容と口頭の説明が異なるというケースも存在します。

さらに必要書類が極端に少ない場合もあります。

一般的にファクタリング契約を締結するには印鑑証明書や決算書、確定申告書などの書類が必要です。

悪徳業者の場合、最初から利用者を騙すことを目的としているため必要書類が少ないケースが見られます。

特に売掛金債権の存在を証明する書類を求めてこない会社は注意しなければなりません。

問題のある業者は、実際のオフィスが存在しないというケースも多く見られます。

東京には優良な業者が多数存在します。

トラブルを避けて資金調達をするには、まず手数料やサービス内容をしっかりと確認することが重要です。

利用者と業者の2社間で契約する場合と売掛先を含めて3社間で契約する場合では手数料にも大きな違いがあります。

契約を締結する際には、償還求償権があるかどうかについても確認しなければなりません。

償還請求権があると売掛先が倒産した場合に利用者が弁済する必要があります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧