【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で資金調達するならファクタリングで!契約の流れは?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/13

資金調達は企業にとって経営をスムーズに行う上でも重要なポイントです。

東京で資金調達を行うという場合、この方法はスピーディに売掛債権を資金化することができる方法として昨今注目されているのです。

そこで、東京で資金調達するのに便利なファクタリングという方法と、その契約の流れについてご紹介してみたいと思います。

 

ファクタリングとはどんな方法?

 

ファクタリングは東京都で事業を行っている中小企業や個人事業主の人々におすすめの売掛債権の早期資金化の方法です。

この方法は、企業の所有する支払期日前の売掛金などの売掛債権をファクタリング会社に買い取りしてもらうことで、期日前に資金化を図るといった資金調達方法なのです。

そして、売掛債権とは自社の商品やサービスを販売し、その代金を請求することができる権利のことを表しています。

したがって、先月商品を納入し、今月の期日までに商品代が支払われることになっているけれどもまだ支払われていないという場合、支払い日までに資金化をしたいという時などにファクタリングは便利なのです。

こうした売掛債権を早期に資金化することで会社のキャッシュフローが楽になるといったメリットがあります。

また、この方法は融資などの他の資金調達の方法と比較すると、現金を調達するまでの期間が短いという特徴があり、すぐに現金が必要と言ったニーズに応える資金調達方法でもあるのです。

あらかじめ書類を揃えておくと即日の資金化が図れるということから昨今注目されているのです。

 

融資と比べるとスピーディといった特徴がある

 

ファクタリングは銀行の融資と比べると圧倒的なスピード感が特徴と言われており、すぐに資金を調達したいといったニーズに応えてくれやすい方法です。

例えば、銀行に融資を申し込むという場合と比べてみましょう。

銀行の融資では申し込みをする会社や人について審査が行われます。その理由はお金を借りた場合、きちんと返済してくれるかどうかという点が厳しく審査されるからなのです。

そのため、審査に当たり、事業計画書や2期以上の決算書などの書類が必要とされ、審査結果が出るまでの期間も1週間ほどかかると言われています。

それに対して、ファクタリングは申し込みをする側ではなく、売掛債権を発行した会社の信用性が見られるという違いがあり、申し込む側については問われないということになっています。

気楽に利用しやすいという点もあり、会社の資産と見なされている売掛債権を売買するという取引になるため、銀行から借りるのと異なり審査もそれほど厳しくなく、申し込んでから最短でその日、長くとも5日くらいで資金調達が可能になるというメリットがあるのです。

したがって、融資とは異なった方法の資金調達法なのです。

 

保証人や担保不要で回収義務もない

 

ファクタリングは利用に当たり保証人や担保が不要という特徴もあります。

この点も銀行の融資とは異なっています。この方法では借り入れではなく、売掛債券の譲渡となります。

したがって、借り入れをする際に必要とされる保証人や担保が必要ないということなのです。

あくまでも大切なのは申し込みをする側ではなく、売掛債権を発行した取引先の会社の信用です。

この方法は売掛債権という資産を売却するという取り引きになりますので、貴重品を買取してもらうのと同じように、貴重品に対する対価を現金で手に入れることができるということなのです。

そのため、買取してもらったら回収義務もありません。この点も融資と異なった特徴で、債権ごと譲渡するため、もしも売掛先が破綻してしまったというケースでもその責任を負う必要がありません。

融資であれば取引先の倒産は大きなリスクになってしまいます。

もしも相手先が倒産したら、自身が代わりに銀行にその金額を支払っていかなければならないのです。しかしこの方法ではそのような責任は申し込み側にはありませんので、より気楽でいられるといったメリットもあるのです。

 

ファクタリングはどんな流れで行われるの?

 

ファクタリングは融資とは異なったシステムで利用される資金化の方法で、この方法には融資にはない様々なメリットがあるのです。

こうした方法を利用したいという場合、どのようにして活用できるのでしょうか。

そこで、ファクタリングの活用の流れについてご紹介してみたいと思います。

まず、このサービスを利用したいという場合、そうしたサービスを行っている会社を選んでいきます。

この方法はこの様なサービスを提供している会社によって行われています。そのため、申し込みする会社を選びます。

会社を選ぶという時には、手数料や資金化までの期間や必要な書類といった点から選ぶとより合った会社を選ぶことができます。

まずはこうした点を比較しながら検討してみましょう。

どんな形態のサービスが取り扱われており、どれくらいの手数料で利用できるのかという点は重要です。このサービスには2社間や3社間というスタイルがあります。

どちらを選ぶのかによって取引先に通知せずに行うことも可能です。そうした点と併せて、できるだけ手数料が安い会社を選ぶことでより有利に資金化を行うことが可能です。比較しながら選びましょう。

 

2社間という形で利用する場合の流れについて

 

このサービスでは取引先に知らせずに行う2社間タイプと通知して行う3社間タイプがあります。

そのため、どちらのタイプを選択するかによって流れは違っています。

例えば、2社間を選ぶとしましょう。この方法は債権移動を伴わない手続きであるため、契約を結ぶとすぐに早期支払いが実行され、その後売上分を返済するとい流れになります。

まず、このサービスについて会社に相談・申し込みを行います。そうすると会社が債権額や債権内容について調査します。

その後、取引金額が確定され、契約を結びます。契約に基づいてファクタリング会社から振り込みなどが行われ、資金化を行うことができます。

それから売掛債権の代金が支払われますので、支払いがあった後でファクタリング会社へお金を支払うという流れになります。

ファクタリングの全体的な流れは全国どの場所でも大体同じような流れで行われています。

さらに、こうした会社は東京に多くあり、中には全国どこからでもインターネットを通して申し込みが可能と言ったサービスが提供されているところも在り、選べるようになっているのです。

 

3社間タイプの流れについて知ろう

 

2社間タイプに対して、あらかじめ取引先の会社に通知を行ってから行われる3社間タイプもあります。

そこで、3社間のタイプのサービスについてご説明してみたいと思います。

3社間では債務者へ通知又は同意が必要とされています。

3社間タイプの場合、債権の発生後にサービスを提供している会社に相談・申し込みを行います。

申し込みを受けた会社は債権額や債権内容の調査を行います。その後、取引金額が確定し、契約を結んだ後に債権が譲渡されます。

債務者に対して、譲渡に関する通知又は債務者の承諾を得るというプロセスを経由し、会社から資金を受け取ります。

この方法では債務者の会社からファクタリングを提供する会社にその後直接入金されるので、改めて債権者が振り込みを行う必要はないのです。

このように、この方法を用いると後に入金されることになっている売掛債権を早期に資金化することができます。

そのため便利な方法として東京をはじめ全国的に認知度が高くなってきている方法です。この方法には所定の手数料が必要になります。したがって、各会社の手数料を比較してよりメリットがあるところを選ぶのがポイントです。

 

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧