【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で話題のファクタリングの発祥はイギリスって知ってる?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/03/13

手早く事業制資金が調達できる手段として東京の商取引でも近年頻繁に利用されているのがファクタリングです。

東京にも多くの専門事業者があるわけですが、そのルーツはどこにあるのでしょうか。ルーツや歴史などを解説していきます。

ファクタリングはイギリス発祥の取引

東京でも多くの専門事業者があるファクタリングですが、この取引がイギリスが発祥と考えられています。

諸説ありますが、最も有力な説の一つが16世紀にイギリスで誕生したという説です。

イギリス人の商人がアメリカ大陸との貿易の際に利用したのが始まりだと考えられており、主に貿易人や商品の間でやり取りされていました。

現在では売掛金を利用して資金調達をする際に使われていますが、この頃は資金調達の手段では使われていませんでした。主に支払金の保証制度のような意味合いが強く、商人たちが自分たちの給料や儲けを確保するために利用していたと考えられています。

現在では緊急時の資金調達方法となっていますが、誕生した当初は保証・保険のような意味合いが強かったということを理解しておくと良いでしょう。

なお有力説では16世紀のイギリスで誕生したと考えられていますが、一部の説では14世紀とも考えられています。

またイギリスやアメリカで取引が行われるうちに支払金の保証制度の意味から徐々に現代と同じ資金調達の手段に意味が変わっていくるのですが、具体的にはいつ頃今のような取引の原型が出来上がるのでしょうか。

18世紀から19世紀にかけての発展と普及

ファクタリングが現代で利用されているように事業制資金の調達手段として利用されるようになったのは19世紀頃であり、その原型は18世紀から19世紀にかけて構築されたと考えられています。

最初は貿易の際に利用されていましたが、18世紀頃には主に毛織物の売買に利用されるようになりました。

この頃から専門の業者が登場しはじめ、主に毛織物の製造業者とその買い手との仲介を専門業者が行うようになっていたと考えられています。

専門業者は毛織物製品の管理や販売を行うとともに製品の販売ルートの信用リスク管理なども行っていました。現在日本で言えば商社のような立場といえるでしょう。

19世紀になるとついに売掛金の早期現金化の際に利用されるようになりました。この頃になると産業革命の影響でイギリスの企業が大量の輸出を行うようになり、その際に素早く資金調達ができる手段へのニーズが高まったことから人気が高まったと考えられています。

本格的に現代と同じ形式になったのがこの頃であることから、ファクタリングは19世紀にイギリスで登場した、とみなすケースもあります。

現在のシステムの構築と取引の拡大

主に毛織物製品などの取引に利用されていましたが、20世紀になるとアメリカの衣料品会社なども利用するようになり、その結果取引量が爆発的に増えました。

売掛金のスムーズに資金化することで断続的に商品の生産や取引が可能となるため、企業や産業の急成長に非常に役立つと考えられたのです。

18世紀のイギリスでは商社のような意味合いでしたが、20世紀のアメリカでは完全の現代のようなシステムとなり、ファクタリングの専門業者は取引先の信用調査や資金提供を行うようになりました。

売掛金を即座に資金化できるため、企業や産業の開店サイクルを高め、アメリカの爆発的な成長に非常に貢献したのです。 こうして現在のシステムが完成し、経済成長に大きく貢献することが認められたファクタリングは、再びヨーロッパなどでも利用されるようになり、さらには日本などの東アジアにも伝わっていきました。

発祥こそイギリスですが現代のようなシステムを構築し、実際に経済成長に活用したのがアメリカであることからアメリカ発祥の商取引だと考える人も少なからずいます。

日本でのファクタリングの歴史は?

ヨーロッパでは16世紀から行われていたファクタリングですが、東京に伝わったのは1970年台と非常に遅い時期となっています。

しかも伝わった当初もごく一部の企業しか利用しておらず、知名度もなかなか向上しませんでした。

なぜ日本での浸透が遅れたのかといいますと、日本独自の商取引習慣が大きく関係していたからだと考えられます。

当時の日本では売掛金ではなく手形を利用したやり取りが一般的でしたし、手形を利用した事業制資金の調達方法では銀行の手形割引が広く浸透していました。

つまりすでに手形割引という債権を速やかに資金化する方法が存在していたのです。

また総合商社の存在も大きく関係しています。総合商社と新規にビジネスパートナーを見つける際に先方の信用調査を行ったり、交渉の代理業務を行っていたため、諸外国のように海外企業と遣り取りをする際にファクタリング業者を利用する必要性がなかったのです。

総合商社と手形割引という日本独自の商習慣が既に定着しきっていたため、日本への導入が遅れるとともに知名度が高まらない大きな要因となったのです。

日本での現在のファクタリング取引の実情

東京では手形取引が一般的であったことから定着が送れましたが、バブルが崩壊してからはその様相が一変しました。

信用不安から手形を利用した商取引は急激に失速し、現在の日本社会ではほとんど利用されなくなりました。

ピーク時には約4,800兆円ほどの交換高があったのですが、現代では交換高は約420兆円とピーク時の10分の1以下となっていることからも、現代では手形は現代社会のニーズに合っていないことがよくわかります。

手形が利用されなくなったことで、逆に注目されることとなったのがファクタリングです。債権畳どの法律などが急ピッチで整備されたこともあり、2000年台に入ると民間の業者もサービスに参入するようになり、その結果現代では東京に多くの専門事業者が存在しています。

銀行系列の業者だけなく、民間の業者がサービスに参入したことにより、資金繰りや経営に苦労している中小企業も素早く資金調達が可能となりました。

特に即日資金化が可能であり、先方にバレずに資金調達ができる2社間取引は日本では非常に高い人気を博しています。

これからの取引の拡大や利便性の向上は?

現代では経済産業中小企業庁が中小企業が資金調達をする際にファクタリングサービスを利用することを推奨していますし、利便性の高さ・即効性の高さから銀行からの資金調達ではなく東京の業者を利用するケースが増えています。

さらに近年ではインターネットを利用したビジネスが盛んに行われており、実際に東京の業者の多くがネットからの申し込みや問い合わせに対応していることから、今後ますます利用する個人・法人は増加することが考えられます。

特に近年ではネットを利用して個人事業を営む人が増加することが考えられます。

日本では会社に勤めていない個人事業主に対しての信頼が低い習慣があり、個人事業主が銀行などから資金調達をするのが難しい実情があります。

そんな個人事業主が事業資金を素早く調達する方法として、ネット経由でファクタリングサービスへの申し込みは今後ますますニーズが高まると考えられるのです。

東京などで事業展開をしている専門事業者は資金の提供だけにとどまらず、コンサルティングなども行っているケースがあります。個人事業主や中小企業にとってより欠かせない存在になっていく可能性は非常に高いと言えるでしょう。

日本では近年になって急激に取引量と知名度が高まったファクタリングですが、ヨーロッパやアメリカなどでは数百年前から取引に利用されていましたし、その利便性の高さから今後ますます取引量が拡大されることが考えられます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧