【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で利用したい「ファクタリング」が信用情報で有利と言われる訳

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/03/13

東京で話題のファクタリングとはどのようなサービスなのでしょうか。

ここではローンと比べたメリット安全に資金調達するコツなどについて説明しています。

賢く利用してキャッシュフローを健全化すれば、金欠のピンチを乗り切ることができるはずです。

ローンとは異なる資金調達法として人気

ファクタリングは事業資金を調達するために重宝するサービスで、ローンとはまったく異なる性質を持っています。

ローンと呼ばれるものはすべて借金であり、返済を延滞すると取立てを受けることになります。

長期延滞をするとブラックリストに登録されますが、これは信用情報の金融事故と呼ばれるものです。

信用情報には借入履歴がすべて残されており、延滞をすると金融機関にすべてばれます。

延滞をしていないと嘘をついても、信用情報情報機関に対して情報開示請求をされると100%ばれるわけです。

東京ではサービスの人気が急上昇していますが、これはローン以外で資金調達ができるためです。

売掛金を債権として現金を調達するため、融資とはまったく性質が異なります。返済する必要性はありませんし、そもそもローンとは審査内容が違います。

融資は申込者の信用力を第一に精査されますが、ファクタリングに関しては売掛先の信用力が重視されるのです。売掛先の支払い能力を考慮した上で、申込者に資金が用意される仕組みになっています。

売掛金の掛け目は80%程度であり、100万円の売掛金を例にすると80万円程度調達できることになります。

信用情報で有利になるのが最大のメリット

東京で人気のファクタリングの強みには、信用情報で有利になることがあります。

事業資金を調達したいときはビジネスローンに申し込むという方が多いでしょう。

しかし延滞している状態にあるなら、追加で借入することはできません。

信用情報に金融事故情報として登録されている場合は、たとえ1万円でも借りることができないのです。

金融事故として登録されると、一般的に5~10年間はローンの利用ができなくなります。

これは新規の契約はもちろんのこと、現契約中のローンも利用できないのです。クレジットカードで決済することも不可となり、カードの類は一切使用できなくなります。 

ローンは利用者の信用力を元にして貸付が行われています。信用力が低下してしまうと限度額を下げられることが多く、最も大きなペナルティが融資の凍結です。

まだ利用枠に余裕があって借入可能な状態であっても、延滞をすると1円も借入できなくなります。

東京でファクタリングが注目されている理由には、ローンの借入履歴にブラック情報が登録されていても資金調達を受けられることがあります。借入ができない状況での切り札に利用されているサービスというわけです。

ローンよりも審査通過率が高くなっている

ローンの審査で落ちてしまった方も、東京のファクタリング会社の審査には通過できたという話は多いです。

審査の難易度は一般的に融資より低く設定されていますが、これは売掛金という担保が存在するためです。

ビジネスローンやキャッシングは担保なしで契約できるものが多く、それゆえ審査が厳格になっています。

ファクタリングは正確にはローンではありませんが、売掛金を譲渡するので融資に近い性質があります。  金融事故を起こしてしまった場合、最低でも5年間はローンの利用ができません。

債務整理をした場合はもちろん、長期の延滞をした場合も該当します。申込情報に関しても登録されるので、立て続けに申し込んでいる場合もばれます。

融資関連には小手先のテクが通用しないので、借入できない場合は東京のファクタリングをおすすめします。

早いところだと最短即日、一般的に3~5日くらいで現金を用意してくれるでしょう。東京のファクタリング会社は急激に増えており、需要が急速に拡大していることがわかります。信頼できる会社を選ぶためにも、複数のサービスを比較して選んでいきましょう。

売掛先に内緒にして資金調達することも可能

売掛先にはキャッシュフローが不安定になっていることを知られたくないでしょう。

運営が不安定になっていると、契約先からの信用力を低下させることになります。

最悪のケースでは契約解除になることも考えられますので、資金調達法は入念に選んでいきましょう。

東京のファクタリング会社はプライバシー厳守を徹底しており、2社間のサービスならば売掛先に資金調達のことが知らされません。

3社間のサービスの場合は原則としてばれますが、手数料は低く抑えられています。

手数料の目安は2社間で10~30%、3社間で1~5%です。圧倒的に3社間のほうが安いので、できればこちらを利用したいところです。

売掛先にうまく事情を話しておけば、納得してくれることが少なくありません。ただし売掛先に何度か迷惑をかけている状況なら、手数料が多少高くても2社間のサービスにしたほうがいい場合もあります。

売掛先との関係が良好であるかどうかは、サービス選びの大きなポイントになるでしょう。手数料はローンにおける利息に該当するので、手数料をよく比較して低い会社と契約するのがおすすめです。

ビジネスローンの返済が厳しい場面でも役立つ

ビジネスローンの返済資金が用意できず、このままでは延滞してしまうという状況になるケースは実際によくあることです。

ローンはたった1日でも延滞してしまうと、延滞履歴として残ってしまいます。

単発的な延滞であっても何度も続いていると、追加融資を受けられなくなる可能性があります。

こうした問題を回避するためにも、ローンの返済が厳しいときはファクタリングを活用することを検討してみましょう。

キャッシュフローを改善するメリットがあり、事業の立て直しのために役立ちます。

キャッシュフローが悪化してしまうと、銀行融資を受けるのが難しくなります。金欠の状況は放置しておくほど泥沼にハマってしまいますので、早期に対応する必要があるわけです。

事業資金の調達は突発的に必要になることがあります。そのためローン以外の資金調達法を用意しておくと便利です。中小企業や個人事業主はキャッシュフローが不安定になりやすいです。

こまめに資金管理を行っておき、資金不足に陥りそうなときは早めに対応しましょう。東京のファクタリングを活用される方は、あらかじめ審査にかかる日数を考慮しておく必要があります。

怪しい会社とは契約しないのが鉄則

ファクタリング会社は東京に集中しており、それゆえ怪しい会社も一定の割合で存在します。

怪しい会社と契約するデメリットは、個人情報の取り扱いを粗末に扱われる、売掛先に資金調達のことがばれるなどです。

信用情報で有利と言われていても、悪徳業者と契約したのでは本末転倒でしょう。本来はプライバシーが徹底された2社間のサービスを利用しているにもかかわらず、売掛先に発覚するケースは実際にあります。

直感で危険だと感じた会社とは契約をしないほうが得策でしょう。  借入履歴に事故情報がついている場合、立て続けにローンの申し込みをしても審査に通過できません。

ローンの履歴は借入履歴はもちろん、申込履歴も登録されてしまうのです。短期間に何度もローンの申し込みをすると、申込ブラックになってしまう可能性があります。

すでに事故履歴に登録されてしまった場合は、東京のファクタリングサービスをおすすめします。最短即日で振込による現金調達をしてくれる会社もあるほどです。ただし審査は対面相談が基本になりますので、対面なしで契約可能という会社には注意してください。

信用情報で有利になるのがファクタリングの魅力ですが、これは借金をしないためです。

そもそもローンとは異なるサービスのため、信用情報や借入履歴・事故履歴などに登録される心配はありません。

すでにローンの延滞をして融資を受けられない方にも重宝するサービスです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧