【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングを東京で初めて利用するなら複数の会社に相談をするべき理由

公開日:2019/03/08  

近年、売掛債権を売却することで素早く資金調達ができるファクタリングを利用する企業が増えており、それに伴って東京でもファクタリング業者が増加しています。

ですが、初めてこういった業者を利用する方のほとんどがファクタリングに関しての知識が薄いと思われます。

ですから、安全に取引を行うためには複数の会社に相談を持ちかけて、契約内容などを比較しながら慎重に業者を選ぶことが重要になるのです。

 

売掛債権をできるだけ目減りさせずに現金化するために

ファクタリング会社を利用する際には売掛債権を買取ってもらうことになるため、売掛先の企業からの支払い期日を待つことなく資金調達ができるという即効性のメリットがあります。

しかし、その反面で本来であれば手にすることができた売掛金の満額を資金化できるわけではないのです。

なぜなら、掛け目や手数料が設定されているため、利用する際にはその分の金額を業者に支払うことが必要になるからです。

例えば、売掛債権が100万円だったとします。

その際に掛け目が90%で手数料が5%という契約であれば、90万円で買取ってもらうことができますが手数料分の5万円分を支払う必要があるということになり、85万円を手にすることができるということになります。

つまり、この掛け目の設定率が低いほど、手数料の設定率が大きいほど利益分を目減りさせてしまうという訳です。

ですが、掛け目や手数料に関する明確なルールは存在しないことから、業者ごとにそれぞれ設定率が異なります。

ですから、初めて東京でファクタリングを利用することを検討されているのであれば、少しでも利益分を目減りさせないためにも複数の業者から見積もりを取って、掛け目や手数料を比較することが重要になるのです。

 

東京にも数多くあると思われる悪徳業者に騙されないために

銀行やノンバンクから融資を受けることは借入れに該当します。

そのため、信用登録機関に記録が残ってしまうこととなり、その後に融資が必要な際に銀行やノンバンクからから断られてしまう可能性があるのです。

しかし、ファクタリングは借入れに該当しないことから、そのようなことを心配する必要がありません。

ですが、経営者の方にとって大きなメリットとなるこのことが、東京にも多くの悪徳業者を生み出している要因にもなっているのです。

借入れに該当しないファクタリングは貸金業ではないために現段階でも規制が緩く、どんな企業でも比較的に参入しやすい業界であることから、悪徳業者も入り込みやすい環境となっています。

そして、そういった悪徳業者の多くは資金繰りで困っている企業の弱みに付け込んで、最終的に売掛債権を担保に高金利で金を貸し付けることを狙っているのです。

ただ、こういった悪徳業者との取引を回避する方法もあります。

それは複数の業者に相談を持ちかけて相見積もりを取ることです。

なぜなら、悪徳業者というのは見積もりの出し方が雑で、詳しい説明をしないからです。

ですから、こういった被害に遭わないためにも複数の業者に相談して相見積もりを出してもらうことを絶対的におすすめします。

 

2種類ある取引方法を比較して最適な手段を選ぶため

売掛債権を売却することで資金を調達することを初めて検討されている経営者の方の場合、この資金調達方法が2種類存在するということを知らない方も多いと思います。

ひとつは、売掛債権の売却を望む企業と売掛先の企業、ファクタリング会社との3社間で行うタイプです。

このタイプの取引では、売掛先の企業に売掛債務を売却することを伝えた上で合意してもらう必要があります。

そのため、取引先に自社の経営状態を知られてしまい信頼度が落ちてしまうリスクがありますが、手数料を低く抑えることができるというメリットもあるのです。

そして、もうひとつがこの3社間での取引から売掛先の企業を省いた2社間で行うタイプです。

この場合には売掛債務を売却することを知らせる必要がないので企業としての信頼度の低下を心配することはありません

ただ、売掛金に譲渡禁止特約が設定されている場合には利用することはできませんし、3社間に比べて手数料が高くなります。

しかし、業者ごとに手数料や掛け目などにも違いがありますし、それぞれの取引方法について詳しく説明を受けたほうが確実に最適な取引を行うことができるはずです。

ですから、自社にとって最も有利な取引を行うためにも、複数の業者に相談することが必要なのです。

 

自社にとってより契約条件の良い業者を探したいなら

どんな業種での交渉事でも言えることだと思うのですが、少しでも自社にとって有利に物事を進めていくためには、その交渉に関する詳しい知識が必要となります。

しかし、ファクタリングは最近になってから注目度が高くなってきた資金調達方法であることから、初めて利用することを検討されている方の場合には、それほど詳しい知識はないと思います。

確かに知識ではその道のプロである人には勝つことができないと思うのですが、ある程度の余裕を持って複数の業者に相談して見積もりを取っておくだけで、より良い条件の業者と取引を行うことができるようになるのです。

融資とは違ってこの資金調達法は、借入れに該当しないため貸金業法のような厳しい規制がありません

そのため、手数料掛け目など業者ごとによって大きな違いがあります。

ですが、交渉の際に複数の他社の見積書と見比べながら話を進めていくと、それぞれの業者を利用するメリットやデメリットをより理解することができるのです。

また、複数の業者の見積書があれば、交渉相手から足元を見られて通常よりも不利な条件で契約させられる可能性も少なくなります。

ですから、自社にとってより契約条件の良い業者を探したいのであれば、複数の業者に相談を持ちかけることが重要です。

 

より安全確実な資金調達を図るために

ファクタリングという資金調達方法では掛け目や手数料が設定されているため、現金化できるのは売掛金の満額分よりもはるかに減ってしまいます。

また、業者ごとに掛け目や手数料が異なるということで、それぞれの設定率にばかり注目しがちだと思います。

しかし、このほかにも安全確実な資金調達を図るために、複数の業者で比較しておくべきポイントがいくつか存在するのです。

業者によって掛け目や手数料に違いがあるように、取り扱い額・納期・償還求償権の有無なども異なります。

例えば、500万円の売掛債権を現金化したいと思っていたとしても、取り扱い額の上限が100万円の業者では対応してもらえません。

また、即日現金化が必要であっても、手続きなどで2~3日かかってしまうような業者もあるのです。

そして、最も注意したいのが償還求償権の有無です。

ファクタリングは売掛債権の譲渡が完了していれば、倒産などで売掛先の企業が支払いを行わなくても利用企業は返済義務を負わないというのが普通だと考える方も多いと思います。

しかし、償還求償権が設定されている場合支払い義務が生じてくるのです。

ですから、より安全確実な資金調達を図るためにも、多くの業者に相談して見積もりを出してもらったうえで比較して業者を選ぶことが大切です。

 

今後の資金調達のことも考えるのであれば

企業間での商取引は掛によって行われるのが一般的なことですが、商品やサービスを売った企業側は支払い期日が来るまでは現金を手にすることができません。

そのため、そこで生まれるタイムラグの間に新たに何らかの資金投入が必要となった際、資金繰りに困る可能性もあるのです。

今月の給料の支払い分の資金が足りないということも考えられますし、急にビジネスチャンスが到来して多くの資金が必要となる場合もあると思います。

そして、そのように急な資金投入が必要となった際には、審査が厳しい銀行などからの融資は間に合わない可能性が高いのです。

ですが、売掛債権を素早く現金化できるファクタリングなら、こういったときでも迅速に対応することができます。

そのため、初めてファクタリングを利用する企業でも今後も利用を検討する場面に出くわす可能性が十分に考えられるのです。

ですから、ファクタリングを再び行う可能性があるのであれば、できるだけ気持ちよく安全に取引が行えるような業者を見つけておくことが必要になってくるのです。

そのためにも、長いお付き合いをすることができる業者を探すためにも、多くの業者に相談を持ち込んで面談や電話でのスタッフの対応の仕方を確認しておくことも重要なこととなります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧