【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で活用したいファクタリングは個人でも利用できる

ファクタリングは債権を現金化することによって融資を受ける資金の調達方法です。

一般的には企業が売掛金を使ってお金を借りることを言いますが、実は他の債権であってもファクタリングを実行することは可能です。

そのため、個人でも利用することが出来ます。

個人でファクタリングを利用するときのポイントについて紹介していきます。

 

個人が東京でファクタリングを利用するには

ファクタリングは債権を使用することによってお金を借りる仕組みなので、東京でこのサービスを利用する際にも債権が必要となります。

とはいえ、一般の方は債権なんて持っていないというケースが多いのではないでしょうか。

実は働いている方の場合は1日1日の労働によって給料債権が発生しています。

労働の対価としてもらえる給料は給料日にもらうのが一般的ですが、実際には働いた時点でもらえる権利が発生しておりこれを報酬の債務と言います。

給料日までにお金がどうしても足りないという場合は、その権利を前借りという形で利用して現金を手元に置くことが出来ます。

東京にはファクタリングを行っている業者がいくつかあります。

給料の前借という形でお金を借りることも出来ます。

しかし、それぞれの業者ごとに手数料などが異なっているので慎重に業者を選ぶことが重要です。

また、この方法の存在は企業側があまり明るみにしないことも多いですが、給料債権を売るということは企業にとって損なことではありません。

そのため、企業に依頼すればすんなりと了承してくれるケースが多いといえるでしょう。

 

東京のファクタリング業者の手数料相場

ファクタリングの手数料は決して安くはありません。

債権を回収できる可能性が高いので、リスクの低い融資手段でありながら一定の手数料を請求されることになります。

具体的には15%から20%の手数料が必要となることが多いです。

15%から20%と言えばカードローンなどの年利と同じくらいですが、カードローンの場合は年間の金利であり、1年をかけずに返済した場合はこれよりも少ない金利で返すことが出来ます。

しかし、ファクタリングの場合は即座に費用がかかってしまうので結果的にコストの高い資金調達手段であると考えておきましょう。

そのため、日常的にお金を借りる手段としてこの方法を用いることはおすすめ出来ません。

緊急的に借りる手段についてはその確実性から利用するメリットがあります。

一般的によく用いられているカードローンなどとメリットとデメリットを比較して検討することが重要となります。

手数料については業者ごとに少しずつ異なっています。

東京に少ない手数料で利用できる業者があるので、そういったところを選ぶことでリスクを抑えることが出来ます。

 

個人向けのメリットについて紹介

少し手数料が高い個人向けのファクタリングではありますが、メリットもあります。

最も大きなメリットとなるのが会社の倒産による未払いを回避できることです。

会社が倒産すると給料が未払いとなってしまうリスクがあります。

もちろん、会社は倒産したとしても雇用者に報酬を支払わなければならないルールになっています。

しかし、いくらルール上そうなっていたとしても実際には未払いとなっているケースが少なくありません。

ファクタリングの場合は問答無用で借りることが出来るので安心です。

ただ、買取審査の際に企業の財務状況にもチェックが入ります。

そのため、倒産する可能性が高い企業の場合はそもそも利用できないという可能性もあります。

ところが自社の状況はそこで働いている方でないとなかなか分からないこともあり、自社の不調を敏感に察知してこのサービスを利用するということも考えられます。

あくまで緊急的な融資手段ではありますが、使いようによっては大きなサポートとなります。

日常的に使用するのはリスクがあまりにも高いのでやめておいた方が良いといえるかもしれません。

 

誰でも利用できる可能性がある手段

カードローンなどの場合は銀行や消費者金融のブラックリストに載ってしまうと、基本的に審査をクリア出来なくなります。

この情報は共有されているのでAという金融機関からの借り入れの際にブラックリスト入りしてしまうと、BでもCでも借りられなくなってしまいます。

これは銀行であっても消費者金融であっても同じです。

例えば債務整理を行った場合は5年ほどブラックリストに載る可能性が高く、5年間に渡りあらゆるローンを利用できなくなります。

それまで当たり前のようにローンを活用していた方にとって、これは非常に不便なことといえるでしょう。

しかし、ファクターによる融資であればこういったことは一切関係がありません。

給料債権が回収できるかどうかで審査され、当人の信用性については特に問われない仕組みになっています。

これにより、ブラックリスト入りしている方でも問題なく借りられる可能性があります。

手数料は高めですが、信用情報を気にせず借りられる機関の中ではそれほど高いわけでもありません。

資金調達手段の最後の砦になることも十分にあるといえるでしょう。

 

一般的にはどれくらいの金額が利用されているのか?

ファクタリングといえば企業が利用するものというイメージがあるので、高額融資ばかりなのではという誤解もあります。

しかし、ある調査によるとファクタリングを利用している方の50%以上は200万円未満であることがわかっています。

これはいわゆる少額融資を受けている方が多いことを示します。

手数料が高いという特徴があるので最低限の利用に留めておくという方が多いということでしょう。

ただし、手数料については一度の借り入れ額が大きいほど割合が少なくなるという特徴もあります。

例えば100万円未満の場合は20%以上の手数料がかかることもありますが、1,000万円以上の場合は5%を切ることも多いです。

1,000万円の5%ということは50万円なのでけっして安くはありませんが、割合で言えば低めに抑えられているといえるでしょう。

とはいえ、給料が1,000万円をこえているという方は実際には少なく、個人向けの利用においては100万円以下のケースがほとんどです。

業者によってはそれほど手数料が高くないこともあるので詳しく確認しておくことが重要となっています。

 

利用するかどうかの判断について

ファクタリングは手数料の高い融資手段となっています。

そのため、一般的なカードローンなどのように普段から使っていく用途には向きません。

ポイントが貯まるというようなメリットもないので積極的に使うものではないといえるでしょう。

一方でカードローンでは利用できないような状況であっても、債権の内容によっては利用できる可能性があるメリットがあります。

それゆえに何らかの理由でローンを利用できない状態であればこの資金調達手段も選択肢に入ります。

ファクタリングを利用する際には業者の選び方が非常に重要となります。

選び間違えると手数料が大きくかかってしまうことも多いからです。

また、業者ごとに審査の難易度も異なる仕組みになっています。

ファクターの場合は審査されるのが自分ではなく、会社であるという特徴もあります。

業績があまりに不安定な場合は融資を受けることが出来ない恐れもあるので注意しておきましょう。

ファクターはあくまで一時しのぎとなっていて、このサービスを利用しないと生活できないという状態になっているのであれば、他の手段を考える必要があります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧