【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングとは何かその意味は?東京で資金調達するには?

公開日:2019/03/08  

東京の会社の中でも別の会社に対して商品を売却する場合、すぐに現金化できないことがほとんどです。

たいていの場合には、手形などを使いますので現金化するためには2カ月ないしは3カ月ほど待たなければなりません。

ですが、資金難の会社の場合にはそれだけ待っている間に資金が尽きてしまう可能性もあります。

そこで利用するのがファクタリングになります。

 

ファクタリングとは一体何か理解しよう

東京の会社で現金を調達した場合には、ファクタリングを用いるのが良いですが、このファクタリングの意味とは何かといえば、債権をファクタリング会社に渡してその代りすぐに現金をもらう仕組みの一つです。

ファクタリング会社では、債権を持っている会社からそれをもらうことでその売掛金の80パーセントから98パーセントほどをファクタリングの元の会社に対して渡すようにします。

これにより早いときには即日、遅くても3日以内に現金を手に入れることができ不渡りなどを出さずに経営することが可能になります。

本来であれば、お金がない場合東京の銀行から融資をすれば済む話しですが会社によっては銀行の融資が受けられないこともあります。

例えば、すでに会社が赤字になっている場合です。

赤字の場合には、銀行は融資をしてくれませんので審査に通ることはめったにありません。

あとは消費者金融などから借りるしかありませんが、金利が高いため避けなければなりません。

そこで利用するのがファクタリングになります。

特に担保などは必要ありませんので、どのような会社でも借りることができるのが大きな魅力になるでしょう。

 

3社間で行う場合の特徴とは何か

ファクタリングは3社間で行うパターンと2社間で行うパターンの2種類があります。

3社間で行う場合には、まず売掛金を持っている会社が、相手の会社に対し債権を有することになります。

この債権は、たいていの場合手形になります。

ファクタリングをする場合には資金化してくれる会社にその債権譲渡することになるわけです。

手形を譲渡すると、法律上は債権譲渡と呼ばれるものになり債権譲渡の通知が必要になります。

誰に通知をするかといえば、お金を支払う業者つまり商品を購入した業者にです。

債権譲渡の通知をしたうえでお金を支払う業者から承認が必要となります。

なぜこのように債権譲渡の通知をしなければならないかといえば、通知をしないとお金を払う立場の人はだれが手形を持っているか分からないからです。

だれに対してお金を払うのかわからない状態では、トラブルが発生する可能性があるわけです。

また、債権を引き受けた会社も商品を購入した会社に対して請求する場合、突然知らない会社から請求されては困惑してしまいます。

そこで、債権譲渡の通知をして承認をもらう流れになります。

 

3社間で行う場合のメリットと問題点とは何か

3社間でおこなうメリットの一つは、より多くの現金を手に入れることができる点です。

これは、2社間の場合と比較すると1割以上多くのお金をもらうことができるため、たくさんの資金を動かすことができるようになるでしょう。

このようなメリットがある以上は、3社間を利用しない手はないといえます。

ただその半面問題点もあり、それは現金化されるまでに若干時間がかかることです。

東京のファクタリング業者でいえば、申し込みをしてからおよそ3営業日程度で支払うことが多くなっていますが、即日現金化して欲しい場合にはこの方法を使うことはできません。

もう一つの問題点は、相手方に債権譲渡の通知をすることになりますが、この時債権を持っている業者は業績があまり良くないと勘繰られてしまうことです。

そのため、今後取引きがなくなってしまうこともありますので十分に注意しておかなければならないです。

もし、もらう現金が多少少なくなっても、相手方にばれたくない場合や、即日にお金を手にしたい場合には3社間ではなく2社間で行う方法も考えられます。

この方法だと、3社間の問題点を解消することができるでしょう。

 

2社間で行う場合の仕組みとはどのようなものか

東京でファクタリングを行う場合でも、2社間で行うことも可能になります。

これは、現金化をしてくれる会社と売掛金を持っている売り主だけで行うことを意味しています。

どのような流れになるかと言えば、まず売掛金を所有している会社は、3社間の場合と異なり債権譲渡をしません

その代わり、そのまま現金を資金化してくれる会社から貰い受けることになります。

これにより、売掛金を持っている会社は目的を果たしたことになりますが問題は現金化をした会社が果たして商品を購入した会社から現金をもらうことができるかです。

ただ、これに関してはそれほど心配する必要がありません。

なぜかといえば、売掛金を持って行った人が手形を振り出された後、その手形を銀行に持って行き現金化した直後にその現金をもらえばよいからです。

これにより、現金化した会社も無事お金を貰うことができます。

このやり方だと、債権譲渡の通知などの必要はありませんが、それとは別に債権が移動したことを登記しておかなければなりません。

これは、売掛金を持っている人がいくつものファクタリング会社と取引をしてお金を貰うのを防ぐためです。

 

2社間の問題点はもらえるお金が少ない

2社間で行う場合は、相手に対して債権譲渡の通知をする必要がないため非常に便利といえるでしょう。

相手に対して債権譲渡する場合、売掛金を持っている側は、実は現金があまりないのではないかあるいは資産がないのではないかと勘繰ってしまいます。

確かに、赤字なことが多くなりますので、承認してもらう時に資金難だとばれる可能性が高くなってしまうわけです。

このような場合に、2社間で行うことができれば、登記は必要になるものの債権譲渡の通知を必要としませんので普通に考えれば相手方に勘繰られることはありません。

しかし、2社間で行う場合には、すぐに現金を手に入れることができる半面もらえるお金が少ないのが問題点になります。

3社間の場合は95パーセントから98パーセントのお金を手に入れることができましたが、2社間の場合には80パーセント程度しか現金化することができないわけです。

なぜこのように現金化することができないかといえば、商品を売却した業者が倒産してしまったり逃げてしまう可能性もあるからです。

債権譲渡を受けたわけではありませんので、逃げてしまえば現金を回収することができなくなるリスクがあります。

 

東京で信頼できる業者を選ぶよう

東京でファクタリングの業者を選ぶ場合ですが、信頼できるところを選ぶのが一番になります。

まず信頼できるところが良いかといえば、現金化するときに最初に説明を受けた金額よりも少なくなっていることもあるからです。

「98パーセント現金にします」と宣伝しているにもかかわらず、80パーセント程度しか現金化してくれないようなところもありますので、十分に注意しなければならないところです。

また、個人情報の問題も気にしておかなければならないでしょう。

個人情報の問題とは、わざわざ2社間で行ったにもかかわらず商品を購入した業者に、ファクタリングをしたことをばらしてしまうような業者です。

このような場合、会社の信頼を損なうことになり今後の取引きにも大きく影響する可能性があるため、プライバシーの問題を十分に認識してくれる業者を選ぶ必要があります。

業者の選び方は様々ですが、実際に口コミ評判がしっかりしているところから選ぶ必要があります。

さらに、契約の時にしっかり書面に必要事項が記載されていることが重要になってくるでしょう。

そこまで慎重に行えば、何か問題が起きてもすぐに対応することは可能です。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧