【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京の事業で活用できるファクタリングは担保がいらないって本当?

資金調達を行う場合、保証人や担保などが必要なイメージがありますが、ファクタリングは融資とは異なります

保証人は債務者の代わりに返済義務を負う人を意味しますが、ファクタリングの場合は売掛債権を譲渡するので融資にはならず債務に該当しません。

なので、担保無しで利用することができるので短時間において資金を調達することができます。

そして、契約する時保証人無しでも利用することが可能です。

 

保証人がいらないというメリットがあります

ファクタリングにはいろいろなメリットがあり、保証人がいらないので保証人を探す手間も不要です。

会社の業績は審査に影響せず、資金が必要な時にすぐ審査を受けることができます。

債務者と連帯し債務を負う連帯保証人も不要で、もし売掛先が倒産し返済が不能になった場合でも、売掛債権を譲渡した後売掛先の支払いなどを立て替えることもありません。

契約内容によって返済義務を負う償還請求権有りと記載しているケースもあるので注意が必要です。

契約を結ぶのに事前に確認しておくことをおすすめします。

このサービスを利用する場合、担保の必要はなく保証人が必要ないのと同じ理由で、基本的に自社の売掛債権を譲渡するという仕組みです。

担保が必要のないメリットとして、売掛先の信用力が重視されるので自社が業績不振でもこのサービスを利用することができます。

審査時間が短く数日で資金調達することができるので便利です。

売掛債権をベースにした資金調達は他の売掛金担保融資などの方法があり、これは売掛債権を担保にし融資を受ける方法になります。

返済義務が発生するようになるので、ファクタリングとはやや異なります。

東京などにはいろいろな業者があるので比較検討してみると良いでしょう。

 

経営を圧迫しないような方法が便利です

資金調達をする場合、融資を受け借り入れを行う方法がありますが、その場合保証人や担保などを用意し返済義務を負うので資金繰りに苦慮することになります。

ファクタリングを利用すると売掛債権を現金化するという方法になるので、保証人や担保などの心配はいりません。

心配ごとが少なくスムーズに調達することができるので、経営者にとって心強い味方になります。

業者に手数料を支払うので手元に入る現金はやや減りますが、その場の資金不足を防ぐことが可能です。

キャッシュフローを正常化することができるので経営を楽にすることができ、そのため借金を作るのか売上を減らして資金を作成するのか、自社の経営に合った方法を選択することが重要になります。

ファクタリングは債権を売却することを目的にしているので、キャッシングするより手数料が高いですが借入ではないので金利がかからず代わりに手数料がかかる仕組みです。

手数料の相場は5~7%ぐらいで、2社間の場合は手数料が10~30%となるケースもあります。

通常3社間の場合は売掛先企業の確認や承認が必要になり、2社間の場合は手数料が高いですが売掛先企業にこのサービスを利用していることが知られないというメリットがあります。

東京にもいろいろな業者が存在していますが、手数料はやや割高に設定されていることが多いです。

 

手数料がやや高額になっています

一般的なファクタリングの手数料として、業者の取り分となる35%や登記費用として40%、紹介料が15%で印紙代などが10%になります。

業者が手数料によって手にする利益は手数料の35%で、例えば100万円売掛債権を20%手数料で利用する場合、業者に入る利益は7万円です。

残りは諸経費になり登記するため法務局に行く交通費や、人件費なども加わるので値下げ交渉しようと思っても業者側に利益がないので断られることが多いでしょう。

売掛債権は消費税は発生しないので見積もりする際に消費税が加算されていると悪質な業者の可能性が高いです。

このサービスは基本的に手数料が高く、銀行などの融資とは別物になります。

銀行の場合融資の返済ができないと、担保などを差し押さえることによってお金を回収することが可能です。

しかしこのサービスは担保がなく償還請求権を放棄した状態で行われるので、売掛債権が回収になる場合は弁済を求めることができず買い取った分業者が赤字になります。

業者としてはリスキーな取引を行っているので、手数料を高めに取っているものです。

信用することができる売掛債権なら、そのようなリスクも低くなるので交渉次第では少し手数料を抑えることができるかもしれません。

東京などには手数料を他の業者より抑えているところもあるので、比較検討してみることをおすすめします。

 

手数料を低くすることができます

ファクタリングの手数料や割引率を抑えるポイントとして、2回目以降の取引になると金額を低くすることが可能です。

会社の信用度を確認するのに初回調査を行いますが、2回目以降になると調査する必要がないのでスムーズに取引することが多いです。

調査費用などを支払う必要がなく、初回より手数料は安くすることができるでしょう。

業者はなるべく一社だけの利用にするとコストを削減することが可能です。

売掛先が大手や信用できる売掛先の場合は有利になります。

売掛先が金銭の支払いを確実に行ってくれる大手だと、リスクはゼロとされるので手数料はかなり安くしてくれるケースがあります。

その企業とどれくらい長く付き合っているかなどに関して調査されることがあるので注意が必要です。

売掛金を明確にする書類を作成すると手数料を安くすることができ、債権譲渡通知や登記といったものを保留するとその分手数料がかかることもあります。

基本的な書類を準備しておくと業者から信頼を得ることができ、手数料の値下げ交渉を行いやすくなるでしょう。

東京などを中心にいろいろな業者がありますが、中には悪質な業者があるのでこのサービスを検討する際さまざまな情報をチェックすることをおすすめします。

 

会社概要など必要な書類があります

ファクタリングには必要な書類があり、業者や希望する金額によっては提出書類の内容が異なります。

一般的に必要とされるのは登記簿謄本や会社の概要が分かる資料で、依頼主の会社情報をチェックするために利用します。

ホームページの会社概要やパンフレットでも大丈夫です。

売掛債権の内容が分かる書類も必要で、発注書や請求書、検収書や業務基本契約書などの取引内容や請求金額などを確認できる書類を準備しましょう。

審査で最も重要な書類になり、通帳の内容から取引先から入金があるか確認します。

通帳のコピーを準備しておき、約3ヵ月分提出することになります。

決算書のコピーも必要で、希望金額が100万円以上だと必要です。

運転免許証などの依頼主の本人確認として準備し、中には即日対応してくれる業者があるので比較検討すると良いでしょう。

業者によって契約するまでかかる期間は異なりますが、最短では即日対応していたり一般的に2~3日かかる業者が多いです。

即日対応しているかはインターネットなどから情報を得ることができ、希望条件や内容などから即日対応できない可能性もあるのであらかじめ問い合わせしてみると便利です。

 

現金化しても消費税がかかりません

ファクタリングを利用する場合、現金化しても消費税がかからないようになっています。

金銭債権の譲渡という扱いになるので消費税がかからず、取引する際業者に支払う手数料なども非課税対象です。

但し、手続きにおいて取引手数料や諸経費などを支払う場合は注意が必要です。

コストや手間などを考えると消費税がかからないので、利用者にとってはかなりメリットがあります。

資金調達は法律上売掛債権を譲渡する行為になり、そのため業者に払った手数料は売掛債権の譲渡になり非課税扱いです。

利用した側は消費税が課税されないのですが、業者から受け取ったお金は金銭債権の譲渡になるので課税対象になります

尚、譲渡する以外のやり方で売掛金を流動化すると、消費税が手数料として加算されるケースがあるので注意しましょう。

消費税がかかる条件はいくつかあり、日本国内での取引であるがあげられます。

消費税は国内に限定されるので海外での取引は無関係です。

海外企業の取引による売掛金を現金化する場合、消費税は発生しません。

取引にかかる資産が日本にあると国内取引になります。

個人事業主の場合、事業性取引は基本的に消費税の課税対象ですが、日常生活に関係する取引は対象ではありません。

譲渡する売掛金をどの取引先にするかによって課税対象か判断されることになるので注意が必要です。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧