【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングなら東京で借金をせずに現金を調達できる

事業資金の借入ができないときに役立つファクタリングとはどのようなサービスなのでしょうか。

ここではローンと比較をした場合のメリット、お得に利用するコツ、調達可能な目安額などについて説明していきます。

東京で借金をせずに資金調達をしたい方はぜひ活用してください。

キャッシュフローを改善させることで、ビジネスを応援してくれるでしょう。

 

ビジネスローンを活用できない人におすすめ

事業資金を調達するためにビジネスローンは最初の選択肢となるはずですが、すべての人が利用できるわけではありません。

審査に通過しなければ借りられず、すでに一定額の借金をしているだと審査はシビアになるでしょう。

金融機関は際限なくお金を貸してくれるわけではなく、返済能力を見極めた上で融資を行っています。

返済能力は利用者が決めるものではなく、金融機関がすべての判断をしています。

自分では問題なく返済できると考えていても1円も借入できないことは少なくありません。

東京でビジネスローンの申込をしたけどダメだった人は、ファクタリングの利用を考えてみてください。

ファクタリングによる資金調達は借金には該当しないので、もちろん返済する必要はありません。

売掛債権を譲渡する手続きであり、債権に応じた資金を調達するものです。

売掛先からの入金が数ヵ月先という状況では、資金が不足してしまうケースはありえます。

特に中小企業や個人事業主は資金が不足しやすいため、切り札としてファクタリングを活用するのは有意義なことです。

最短即日で振込してくれる会社も存在しますので、お急ぎの方は活用してください。

 

ローンより素早く資金調達ができる

ビジネスローンの融資には1週間程度かかることが少なくありません。

即座に資金が必要な状況においては、ファクタリングを活用したほうがいい場合も多々あります。

資金調達まで平均して3日くらいで、最短のところは即日中に振込してくれることもあります。

工場の機械が故障して急遽お金が必要になった場合など、緊急時に役立つサービスです。

ファクタリング会社の多くは東京に店舗を構えているので、東京や近郊在住の方は利用しやすいです。

基本的に審査では面談が実施されますので、自宅から離れすぎている店舗だと利用が難しいでしょう。

一部の会社は店舗までの交通費を支給してくれますが、遠方に住んでいる方だと即日で資金調達を受けることは困難です。

この場合は3日くらいの日数は見積もっておく必要があります。

面談なしで振込可能な会社はありますが、安全性の面からはおすすめできません。

高額の取引をすることになるので、書類は目の前で交わすのが好ましいからです。

申込者に内緒で契約書類の内容を変更してくる会社は一部にいるので、安全に資金調達するためにも面談は必ず受けてください。

 

審査通過率が高いので緊急時に役立つ

個人事業主はビジネスローンを利用しにくい傾向があり、これは大手や中小企業よりも信用力が低いと判断されるためです。

それゆえ資金調達で行き詰まることが多いわけですが、ファクタリングなら融資より高い審査通過率を期待できます。

売掛金を担保として差し出すわけですから、実態は有担保融資に近いものとなります。

審査では申込者よりも売掛先に対する信用力で判断されますが、これはファクタリング業者が売掛先に対して請求をするためです。

売掛先の金払いがよくない場合は、資金調達ができない可能性があります。

申込者の信用力はそれほど問われませんが、皆無というわけではありません。

例えば申込内容に不備があると、振込を受けられない可能性があります。

存在しない売掛金の話をしたり、売掛金を本来より高い金額で申告したりするのは不可です。

申込書類に不備や虚偽があると判断されると、審査が却下される場合があるので注意してください。

審査に落ちてしまうと同じ会社からは調達できなくなるので、別の会社を探すことになります。

急いでいる状況だからこそ、万全な状態で審査を受ける必要があるわけです。

 

借金をせずに資金調達ができる方法

ローンといえば聞こえはいいでしょうが、借金であることに違いはありません。

借金は全額返済するまで終わりませんし、完済するまで利息が加算される仕組みです。

事業資金は高額の借入になることが多いので、完済まで何年もかかることが多いです。

またある程度の借入総額になると、追加融資の審査に通過するのが難しくなります。

これに対してファクタリングは売掛債権、つまり自分が受け取るべき債権を担保にして資金調達ができます。

ローンと認識している人は多いですが、まったく性質は異なるものです。

借金をしたくない、またはもう借りられないという方は、ファクタリングを検討してみましょう。

お得に利用するには各社の手数料を比較し、少しでも低いところを選ぶことです。

手数料は1~30%くらいの幅があるのが現実ですから、できるだけ一桁の手数料で利用したいところです。

1,000万円の利用に対して1%の手数料だと10万円で済みますが、30%になると300万円にもなります。

ファクタリングにおける手数料は、ローンの金利や利息と考えてよいです。

1%でも安く借りることが短期間でのキャッシュフロー改善を促進してくれます。

 

おすすめは3社間のファクタリング

お得に利用するにはサービスの見極めがポイントになります。

2社間と3社間のサービスが用意されており、お得なのは3社間のサービスです。

利息は1~5%くらいに抑えられており、2社間のサービスの10~30%と比較してずっと低いです。

なぜ手数料に差があるかというと、ファクタリング会社にとって3社間のサービスのほうが回収率が高くなることが関係しています。

2社間のサービスはクライアントに連絡を入れずに資金調達を受けるので、3社間と比較して信用力が低くなってしまうのです。

キャッシングなどと違って利息制限法の適用にはなりませんが、工夫次第で手数料を低く抑えることは可能です。

重要なのは3社間のサービスを利用すること、そして各社を比較して手数料の安い会社を利用することになります。

同じ一桁の手数料であっても、1%と5%では5倍の差があります。

高額な資金調達をする状況において、5倍の手数料は非常に大きいです。

契約前には何%になるのか具体的に確認しておくとよいです。

さらに最低利率と最高利率を把握しておくことがお得に資金調達するコツとなります。

 

実際に調達できる金額の目安を知っておく

不動産担保融資から借入できる金額は、不動産価値の60~70%が相場です。

担保の価値は一定ではなく、常に少しずつ変動しています。

景気情勢の影響によって大幅に下落する可能性もあるため、100%の調達はできないわけです。

これはファクタリングにも共通することで、調達できる金額は80%くらいになると考えておきましょう。

70~90%くらいの幅があると認識しておけば間違いありません。

80%の評価額になった場合、売掛金の回収後に差額の20%が返還されるので安心してください。

手数料に関しては利息のようなもので、後から返還されることはありません。

高額の資金調達をするためには、売掛金の評価額を高く見積もってくれること、手数料が安いことがポイントになります。

東京には数多くのファクタリング会社があり、大手の業者は高待遇のサービスを提供しています。

大手は潤沢な資金力を武器にすることで、手数料を抑えることができるのです。

迷ったときは大手のサービスを利用すれば間違いはなく、特に銀行はおすすめです。

怪しい業者は違法業者である可能性があるので、申し込みしないようにしてください。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧