【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でのファクタリングでは何日で資金を得ることができるの?

ファクタリングで現金調達をされる方は、何日で振込されるか気になることでしょう。

緊急時ほど早く用意したいところですが、焦ってもよいことはありません。

ここでは安全に東京のファクタリング会社を利用するためのノウハウについて紹介しています。

調達には平均して何日かかるのか、どうすればお得に調達できるのか、などについて言及しています。

 

東京に住んでいる方は資金調達をしやすい

ファクタリング会社が集中している東京では、日本全国から資金調達の申し込みがあります。

ローンとの違いは面談が必要になることで、対面与信を重視しているためです。

金融機関には悪徳業者が存在しますが、申込者にも悪意を持った人は一部にいます。

本当は売掛金が存在しないのに、あるように見せかけて申し込みする人もいるわけです。

こうした事例があるためファクタリングでは原則として対面与信を導入しています。

つまり東京に住んでいる方は資金調達を素早く得ることができるわけです。

東京以外に住んでいる方の場合は、東京まで移動する必要があります。

移動に2日を要するのであれば、少なくとも資金調達には数日を要するでしょう。

審査自体に必要な日数は即日~5日間くらいですから、移動に2日かかる場合は2~7日間で調達できることになります。

審査には思いのほか時間がかかるケースがあるので、少し多めの日数を見積もっておく必要があります。

なるべく早く調達したい方は、ファクタリング会社に対して何日で振込できるのか聞いておくとよいです。

ファクタリング手数料は審査時間が長くなる会社ほど、安く設定されていることが多いです。

 

3日以上かかると考えておくと安心

資金調達にかかる期間は3日以上になることが多いため、余裕を持って申し込みをしてください。

3~5日間が一般的な日数であり、それより日数が増えるならやや長いと言えます。

最短では即日調達してくれるところがありますが、全体的に見ると多くはありません。

ファクタリングの利用には面談が必要であり、面談なしでOKという会社には注意しましょう。

契約書類がしっかりと交わされない可能性があり、後々トラブルになったときに困るからです。

書類という証拠がなければ言い合いは水掛け論になってしまい、結果的に損をするのは申込者です。

面談審査は面倒だと思うかもしれませんが、安全に資金調達をするためには欠かせません。

これは調達日数にも言えることで、即日振込が可能な会社は手数料が高く設定されていることが多いです。

キャッシングにも共通することですが、融資に時間のかかる銀行よりも、即日融資に対応した消費者金融のほうが金利は高いでしょう。

素早く借りられるメリットの裏には、金利が高くなるというデメリットもあるわけです。

ファクタリングを賢く利用するためには、調達スピードと手数料をよく比較して精査してください。

 

最短即日で調達できる会社の特徴とは

早急の資金調達を希望する方は早めにファクタリングに申し込みする必要がありますが、ギリギリまで先延ばししてから申し込みする人は少なくありません。

早めに申し込みするメリットは多くの業者を冷静に比較できること、そして有利な条件で利用できる可能性が高いことです。

緊急を要する状況だと、とにかく早く調達してくれる業者から選んでしまうでしょう。

こうした業者は手数料を高く設定していることが多く、実際に調達できる金額は少なくなってしまいます。

手数料10%と30%では3倍の差があり、ローンの利息に例えるなら5%と15%の差です。

素早く調達できる会社は、担保として手数料を高く設定することが多いわけです。

審査に3~5日くらいかけてじっくり精査してくれるところは、良心的な手数料を設定していることが少なくありません。

特に大手金融機関が用意するサービスは手数料が低く、1~5%くらいに抑えられていることが多いです。

ただ設定される手数料には幅がありますので、お問い合わせをして何%の適用になるか確認しておくのがいいでしょう。

手数料の上限を明記していない会社に関しては、高額な手数料を請求される可能性があるので注意してください。

 

交渉では焦った場面を見せてしまうと不利に

ファクタリング会社に資金調達の相談をするときは、焦った姿勢は見せないのが得策でしょう。

すぐに調達しなければいけない焦りを悟られると、足元を見られてしまう可能性があります。

利用者にとっては手数料が1%でも少ないほうがいいに決まっていますが、業者側は高く設定したいと考えているわけです。

現実的に緊急を要するような状況にあるときは、多少手数料が高くても利用してしまう方は多いでしょう。

焦りを悟られてしまうと交渉で不利になりますので、何日以内に調達したいのか具体的に言わないほうがいい場合もあります。

また他社からの調達も考慮している旨を伝えておくと、手数料を下げてくれる可能性があります。

利率は1~5%というように幅があり、利用者に対して個別に設定するためです。

利率を最小限に抑えるためには、交渉力が鍵になってきます。

例えば3社のファクタリングを検討しており、手数料が最も低いところと契約すると伝えておけば、最小限まで抑えてくれることがあります。

手数料に上限が設定されていないファクタリングだからこそ、上手に交渉してお得に調達することが大切です。

 

スピーディーに調達できる二社間のサービス

ファクタリングには二社間と三社間のサービスがあり、前者のほうがスピーディーに借りられることが多いです。

利用者と業者の二社間の同意が得られればよいため、即日で調達できるケースは少なくありません

それに対して三社間のサービスは売掛先の同意を得ることが必要になるため、より調達まで時間がかかります。

ただし手数料は低くなるので、お得に用意したい方に適しています。

もともとローンと比較して手数料は高く設定されているので、1%でも抑えていく必要があるでしょう。

短期間で調達するには、最短即日を売りにしている会社を選ぶのが得策です。

そこで最短即日を売りにしている会社をおすすめしますが、確実に即日というわけではありません。

3日以上かかるケースがありますから、事前に確認しておく必要があります。

即日という言葉に魅力を感じて申し込んだら、調達に数日がかかった上に、高い手数料を請求されたというケースもあります。

申し込みする前には調達日数や手数料を調べることはもちろん、口コミや体験談もチェックしておきましょう。

口コミが豊富にある会社は、実績もあると考えてよいです。

 

売掛金の入金日と審査の関係を知っておく

ファクタリングを利用される方は、売掛先からの支払いまで事業資金が続かない状況です。

そのため売掛金を担保にして調達を希望するわけですが、売掛金の入金日が先であるほど審査は厳格になります。

例えば売掛金が1ヶ月後に入金される場合と、2ヶ月後の入金になる場合では、後者のほうが審査は厳しくなります。

また審査に時間がかかる傾向がありますから、すぐに調達したい方にはデメリットとなるでしょう。

東京のファクタリング会社の特徴として、素早く売掛金を回収したいと考えています。

回収率というのは売掛金の入金日と大きく関係してくるわけです。

先になるほど回収率は低下してしまう傾向があるので、審査が厳格になったり、振込まで時間がかかったりします。

ただ具体的に何日で資金を得られるかについては、申込者は判断ができません。

あくまでも業者の裁量で決定することですから、自分で調整することはできないわけです。

それゆえ早め早めに申込みをすること、健全な東京の業者選びをすることが重要になってきます。

手数料・振込日数ともに業者によって異なりますので、事前に各社の情報を比較して把握する必要があります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧