【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

店舗に行かないでも給料ファクタリングは利用可能?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/24


給料日前なのに現金がたりない、そんな経験をお持ちではないでしょうか。急にお金が必要となった場合、金策に奔走する羽目になります。キャッシングや消費者金融を利用するには審査があり、既に多額の借入れを抱えていれば、それ以上融資を受けることができない場合もありえます。こんなときに便利なのが給料ファクタリングです。

勤務先に知られたくないなら2社間取引がベター

給料ファクタリングは、勤務先に対して保有する給料債権を売却し、給料支給日前に現金化するサービスのことです。不足しているキャッシュを必要なときに調達できる点で、消費者金融のキャッシングと類似していますが、キャッシングはあくまで金銭消費貸借、つまり借金をするのに対して、給料ファクタリングは債権の売買であるということが大きく異なっています。

しかし給料債権を売買するため、借金とは違い勤務先企業が関係者として浮上することになり、勤務先企業としては給料債権の帰属先が変更されるので、変更後の債権者を知る必要が出てきます。そこで、ファクタリングを利用した事実を勤務先に通知するのが原則的取引形態となるわけです。

つまり、この方法をとると、勤務先に給料ファクタリングを利用している事実が知られることになります。ファクタリング自体があまり知名度は高くないので、勤務先に知られることなくファクタリングサービスを利用したいという強いニーズが存在しています。

この点を踏まえて登場したのが2社間取引のファクタリングです。2社間取引では勤務先に一切知られることなく、ファクタリングサービスを利用することができます。給料が振り込まれた日にファクタリング会社の口座に振り込めば取引が終了します。ただし消費されるリスクがあるため、手数料は高めに設定されています。

「どのようなサービスを提供しているか」で会社を選ぶ

給料ファクタリングを利用するときにどの会社を選択するかのポイントになるのが「自分のニーズに合致するサービスを提供しているかどうか」という点にあります。近年、新型コロナ感染症の流行もあり重視されているサービスは、店舗に足を運ぶことなく取引を完結できることです。ファクタリング取引を開始するには、通常は店舗に赴いて審査担当者と面談するのが一般的でした。

一方でファクタリング取引を取り扱っている会社は首都圏や大都市圏などに集中しているため、地方在住者にとってはなかなか利用が難しいという課題に直面していました。地方からのニーズを背景に最近目立ってきているのが、非対面オンライン完結型の給料ファクタリングサービスです。申込みから入金まですべてオンライン上で手続きが進み完了するので、店舗に足を運ぶ必要がありません。

またファクタリングで必要となる審査は、普通の融資と比較して迅速に完了する特長を持っているので、即日入金も可能です。オンライン完結型の給料ファクタリングに、即日入金などのファクタリングのメリットを組み合わせることで、よりスピーディーに現金需要に対応することができます。

ただファクタリングを利用する際には、信頼性にも注意を向けたいものです。利用者の口コミなども参照しながら、自分にとって最適のファクタリング会社を慎重に選択する姿勢も求められます。

給料ファクタリングに見せかけた融資には注意

給料ファクタリングを利用するにあたり、貸金業法との関係で不安を持っている方がいらっしゃるかもしれません。確かに一部の問題ある業者を相手に裁判が起こされたり、警察から摘発されたりしている業者が存在しているのも事実です。そのような社会的事情を背景に、貸金業法と給料ファクタリングの関係に注目が集まっています。この問題について結論からいうと、給料ファクタリングには違法性はないとされています。

なぜなら貸金業法で規制されるのは金銭消費貸借であって、ファクタリングのような債権の売買は法的形態が異なるからです。また、ファクタリングに類似した方法に古典的な「前借り」がありますが、これは単に本来給料日に支払うべき現金を先に借りておくだけで、ファクタリングとは意味合いが異なります。

しかし現実には、給料ファクタリングに見せかけた貸金業者が存在していることが確認されています。SNS上で簡単に現金を調達できるといった甘い誘い言葉に惹かれてアクセスしたものの、実は闇金業者で後々大変な状況に陥るということもあります。利便性の高いサービスであるだけに、給料ファクタリングを利用するときには、本当に信頼できる会社かどうかを見極めてから選ぶことを心掛けてください。

またもうひとつポイントになるのは手数料の額です。振り込まれる際には会社の信用性などに応じて設定された手数料が減額されるのですが、いくら現金が必要だからといっても高額の手数料では手に入る現金も少なくなります。

 

ブラックリストに登録されている、あるいは総量規制によりキャッシングできない方でも、給料ファクタリングを利用することが出来ます。店舗に赴くことなくオンラインで完結する給料ファクタリング会社を利用すれば、安全かつ即日入金などのメリットを享受できて便利です。ですが便利な点だけでなく、全体的なメリットデメリットをきちんと確認したうえで利用を考えましょう。




【注目記事】
サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第3位 えんナビ
えんナビの画像
第4位 PMG
PMGの画像
記事一覧