【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でも利用できるファクタリングのメリットやデメリットは?

東京で人気のファクタリングにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

安全に資金調達をするためには、サービスの特徴を知っておく必要があります。

ここではローンと比べたメリットとデメリット、注意点などについて説明しています。

安全に利用すれば緊急時の切り札となるので、キャッシュフロー改善のために活用してください。

 

スピーディーな資金調達ができるのが特徴

ファクタリング業者は都市圏に多いのが特徴で、東京に住んでいる方は速やかな資金調達が可能です。

最短即日で調達できる会社もあり、遅くても5日以内には調達できることが多いです。

一般的に見ると3日くらい要する場合が多いですが、それでもビジネスローンより素早く調達できるメリットがあります。

売掛債権を譲渡して調達するという性質から、素早い振込が可能になっています。

ビジネスローンだと1週間~10日以上は待たされることがありますし、審査に通過できるという保証もありません。

緊急を要するような状態だと、1日も早く融資を受ける必要性があります。

確実性を重視する状況においては、ローンよりファクタリングを利用したほうが安心できます。

審査にかかる時間が短いので、即日振込を受けられることが少なくありません。

ただし原則として面談する必要があり、対面与信を通して審査が行われていきます。

東京で利用したい方には有利ですが、遠方に住んでいる方は対面与信審査にかかる日数を考慮しておきましょう。

面談なしで利用できる会社も一部にありますが、健全な業者は面談を行っている現実があります。

 

ローンより審査通過率が高くなっている

ファクタリングが注目されるようになった理由として、ローンより審査の柔軟性が高いことがあります。

ファクタリングは売掛金を担保に調達する性質から、それ以外の担保・保証人は不要なのです。

債権売却という方法の資金調達法になりますので、銀行のビジネスローンを利用できない方におすすめです。

ローンは返済能力を超えて借入することはできないため、すでに高額融資を受けている場合はローンの追加融資が難しくなります。

また借入ができたとしても、融資までに通常より時間がかかる可能性があります。

お金を借りるためには信用力を提供する必要があり、キャッシュフローが悪化している状態であるほど融資を受けるのは難しくなるわけです。

それに対してファクタリングのメリットは、自社のキャッシュフローはあまり関係ないことです。

売掛先の支払い能力・信用度が精査されますので、支払いに滞りがない状況なら資金調達ができる可能性が高いでしょう。

一方で売掛先がたびたび支払いを延滞している状況であれば、ファクタリングの審査通過率は低くなります。

審査通過率を上げるためには、延滞なく支払いしてくれている売掛先を選んでファクタリングを活用するのが好ましいです。

 

個人信用情報機関に登録される心配がない

ローンで延滞すれば個人信用情報機関のデータに登録されますが、それ以外にも契約内容自体も登録されるのです。

つまりローンを利用したという履歴が残されるわけで、借入件数・借入総額が大きくなるほど、他社から借りるのは困難になってきます。

個人信用情報機関のデータは金融機関が情報開示を求めることができるので、借り手が審査のときに嘘を話してもバレてしまいます。

いわゆるブラックの状態になってしまうと、他社から借入することはできません。

すでにキャッシュフローが悪化して延滞が発生している状況にあるならローンの利用は難しいでしょう。

ファクタリングのメリットは個人信用情報機関に登録されないことにあり、ローンの延滞をしている人でも利用できるのです。

ひとたびブラックに登録されると5年間はローン全般の利用ができません。

そのような状況においても、ファクタリングなら売掛金の70~90%程度の資金を調達することができます。

売掛金には掛け目が設定されますので、実際の評価額より低い金額になると考えてよいでしょう。

1,000万円の調達をする場合、700~900万円くらいになると考えておくとよいです。

 

ローン金利より高い手数料が発生する

素早く資金調達ができるのがファクタリングの魅力ですが、手数料が高いというデメリットもあります。

利息制限法のような法的な上限利率は存在しないため、業者が設定した金額で利用するしかありません。

手数料は1%という良心的な会社もあれば、30%という高い金額を設定しているところもあります。

手数料が大きくなるほど、本来受け取るべき利益は減少すると考えてよいでしょう。

例えば売掛金から2ヶ月後に1,000万円の振込がある状況で、今すぐにファクタリングで700万円の資金調達をする場合、手数料を300万円も支払うことになります。

つまり時間をお金で買う感覚であり、悪徳業者の中には足元を見てくるところもあります。

手数料に加えて売掛金には掛け目が設定されるので、実際に調達できる金額はもっと少なくなるわけです。

ただし掛け目の部分に関しては、無事に契約が完了すれば後から返還されます。

いずれにしてもローンを利用できる状況にあるなら、ローンの申し込みをしてみることが先決でしょう。

ここで審査に落ちてしまった場合にファクタリングを活用するのが正しい流れです。

 

悪徳業者にアクセスしてしまう可能性

近年は急激にファクタリング業者が増えてきており、それに伴って悪徳業者も急増しています。

違法業者かどうか契約前に完璧に見分けるのは難しいですが、運営年数・実績がまだ少ない会社には注意するべきでしょう。

企業概要・コンセプトが明確であることも大切で、これらが曖昧な会社は避けたほうが無難です。

もし悪徳業者に申し込んでしまうと、超高額な手数料を請求されるデメリットがあります。

手数料50%の上に掛け目も設定されたとなれば、売掛金の数分の1しか調達できない可能性もあるでしょう。

悪徳業者は対面与信を導入していないケースもあり、東京以外にお住まいの方が東京に出向くことなく利用できることが多いです。

ただ面談をしないで利用すると契約内容に不備があったときに困ります。

悪徳業者は自社が利益を得ることしか考えていないので、利用者にとってはマイナスになると考えて間違いありません。

契約書類の内容を勝手に変更されたり、契約書類の写しを渡してくれなかったり、さまざまなデメリットが想定されます。

また違法業者が貸金業者というケースもあり、多額の現金を貸し付けられるケースもありますので、安全な業者選びが大切となるわけです。

 

売掛先に利用を知られるケースがある

売掛債権譲渡の事実は売掛先に内緒にしたいと考えるのが普通です。

しかし3社間のファクタリングの場合は、必然的にクライアントにも通知されます。

3社の同意を得てからの契約となるため安全性は高いですが、売掛先に知られるデメリットがあるわけです。

2社間のサービスならクライアントには知られませんが、3社間のサービスと比べて手数料が3倍程度になります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、十分に検討した上で選択する必要があるでしょう。

クライアントに知られても今後の事業展開にまったく影響しないケースはありますが、大いに影響してくることもありえます。

売掛債権を譲渡する状況は、運営資金が欠乏していることに違いはありません。

売掛先はこうした会社とは取引ができないと考えてしまう可能性はあります。

手数料を抑えるために3社間のサービスを取るか、プライバシーを優先するために2社間のサービスを選ぶか、よく比較して検討してください。

また悪徳業者から資金調達を受ける場合は、2社間のサービスにもかかわらずクライアントにバレるケースがあります。

やはり少しでも怪しいと感じた業者とは契約をしないのが得策でしょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧