【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でファクタリングによる資金調達がおすすめされる訳

公開日:2019/03/08  

銀行での融資を機動的に受けることが難しいなかにあって、新たな資金調達方法としてファクタリングが注目を集めています。

東京には知名度の高い大企業から中小企業にいたるまで、旺盛な資金需要があります。

十分な担保を確保できない状況でも、迅速に運転資金を確保できるファクタリングのメリットおすすめポイントを紹介します。

 

ファクタリングを活用することで黒字倒産を防げる

そもそもファクタリングとは取引先に対して有する売掛金債権を、支払い期日前に現金化することです。

取引先との間で売掛金などの未収金があっても、実際に支払われるまでの間にはタイムラグがあるのが一般的です。

東京では建設業や製造業なども数多く事業展開を行っていますが、これらの業種では入金までの期間が一ヶ月先、場合によっては数ヶ月先の取引も珍しくありません。

建設業などでは独占禁止法などの規制でこのような支払いまでの期間(支払サイト)を短くするように定めていますが、事実上の力関係の影響を受けて月単位での支払サイトが、現在でも珍しくありません。

新規の事業に取り掛かるためには資材や機器の購入などが必要になることもあり、また従業員の給料は毎月のように必要になります。

したがって売掛債権が回収されるまでは、これらのコストを回収することが出来ないので、キャッシュフローが厳しい状況での経営を余儀なくされます。

特に資金繰りがつねにギリギリの状況で経営を続けていると、売上を見込めるのに黒字倒産の憂き目に会う可能性がでてきます。

ファクタリングは支払い期日前に、現金化することを可能にするメリットを持っています。

 

ファクタリングは金融機関の融資に比べて審査が通りやすい

東京では資金繰りに窮する中小企業も少なくありませんが、ファクタリングを利用することで資金調達の課題を解決させることが叶います。

なぜならファクタリングを利用することで売掛金債権を買い取ってもらうことになるので、資金ショートを防止することが出来るからです。

運転資金を捻出するには、取引先金融機関からの融資を利用するのは、東京で事業経営に携わっている方であれば、誰もが想定する選択肢です。

ところが日常的に資金繰りが苦しいような企業では、銀行融資を申し込んでも審査を通過しない公算が大きく、迅速に資金を必要にしている状況では審査完了までの期間を待つことができないことも珍しくありません。

このような状況でもファクタリングを利用することで状況を打開することが可能になります。

信用調査の対象が御社の財務状況ではなく、取引先と売掛金が審査対象となり手数料を支払って債権を買い取ってもらうことになるからです。

また最短では即日に審査が完了することが可能な場合もあり、緊急の資金需要にも応えることが可能になっているのです。

 

償還請求権なしがポイント、ありは要注意

ただしメリットばかりでなく、ファクタリングを利用するに当たっては注意を払うべきポイントもあります。

まず、手数料がどの程度の割合で設定されているかを確認します。

例えば債権の券面額の20%が手数料で差し引かれているとすると、実質20%の金利を支払っていることになります。

この手数料は各社によってまちまちで、債権の内容や評価などによっても左右されます。

あまりに手数料が高い場合には、利用を検討するべきか慎重な姿勢で臨むのが賢明です。

またチェックしたいのは「償還請求権の有無」です。

償還請求権とは売り掛け先が倒産した場合にそのリスクを御社が負担することになるというものです。

ファクタリングでは、償還請求権なしで取引するのが普通です。

仮に売り掛け先が倒産しても、御社が保証責任を負うことはないわけです。

仮に償還請求権つきの条件になっているときには、実質は債権を担保にした「融資」という位置づけになります。

しかもこのような形態の取引では、高金利が設定されているのが通常です。

実質は融資であるにもかかわらず、法律の上限金利を超えている場合もあるので注意が必要です。

 

信用面での不安を与えたくないなら、二社間取引を

ファクタリングでは、取引先を含めた3社間取引で行うのが基本です。

御社が有する売掛金債権を手数料を控除した金額で売買することになるわけです。

しかし取引先には売掛金がどこに売買(譲渡)されたのかを、そのままでは認識することが出来ません。

そこで3社間取引では御社から取引先に、債券売買を行った事実を通知することが必要になっています。

単なる事実の通知に止まりますが、実際にはその影響力は軽視できないものがあります。

具体的には御社は金融機関からの融資も受けることが出来ないことを、間接的に取引先に知られることにもなるからです。

そうなると信用面での不安を抱かれてしまうリスクが拭えません。

このような事態を回避したいのであれば、2社間取引で利用するのがおすすめです。

2社間取引では売り掛け先に通知する必要がないので、取引先の信用性に影響を与えることはありません。

ただし2社間取引では手数料が高くなる傾向があります。

相対的に高い手数料をしはらってもなお、メリットを享受できるのかを事前に確認することも、利用にあたっての注意点の一つです。

 

悪徳業者を利用しない、手数料や契約書をチェック

ファクタリング取引では手数料を支払うことになります。

手数料相当額が収益源になっているわけです。

これは実質的にはお金を借りたときの金利に相当するものなので、手にすることの現金額に反映することになります。

なかには色々な手口を駆使して、高額の手数料を請求する業者もあります。

相場的には15-20%程度が一般的ですが、これは概ね利息制限法の上限利率を意識したものと評価出来ます。

しかるに悪質な業者のなかには、30%を大きく超えるような割合を控除する業者も暗躍しています。

あるいは契約後に様々な名目で手数料を上乗せしてきたり、請求があいまいな内容になっているケースもあります。

反対に相場に比較しても、明らかに低すぎるときも注意が必要です。

何か違和感を覚えたら疑問をそのまま放置するのではなく、納得できるまで何度でも契約内容を確認しましょう。

信頼出来る業者を選ぶには実績と経験が豊富で、過去の取引実績などを公開しているような点をチェックしてみるのも対策になります。

なかには事業計画の改善などのコンサルを提供している業者もあるので、サービス内容も十分確認するのをおすすめします。

 

債券の二重譲渡を行わない、信用を失わないことも重要

取引先の信用を確保するために、2社間取引と言う選択肢があることを先ほど御紹介しました。

2社間取引では取引先に通知しないかわりに、債権譲渡登記を行うことになります。

しかしなかにはこの登記を行わない場合もあります。

このような状況のもとで、より好条件で債権の買取希望を表明する業者が現れたらどうするでしょうか。

仮にこのような取引に応じてしまった場合には、債権を二重に譲渡したことになり場合によっては司直の捜査の対象にもなってしまいます。

このような債権の二重譲渡は契約でも禁止されている行為で、露見すると一気に取引先の信用を喪失することになります。

また、創業して未だ日が浅い企業であったり、取引先の経営状態が悪いような場合では審査を通過出来ない場合もあります。

審査の通過率は2社間で70-80%・3社間で50%前後が通常です。

審査を通過させるために少しでもいい印象を与えたいものと思うでしょう。

しかし虚偽の申告を行うとばれれば信用を失い利用出来なくなってしまいます。

書類の不備をなくす、面接時の対応は誠実に行うなどだけでも印象を改善することが出来るものです。

くれぐれも書類には事実を記載することを心がけて下さい。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧