【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

申し込んだファクタリングが審査で断られることはある?

ファクタリングを利用して資金調達を考えようとしていた経営者が、当てが外れてしまって審査が通らず困り果てた、ということはあります。

しかし審査に通りやすくするためのポイントをしっかり押さえれば、決してファクタリングによる資金調達は無理ではありません。

様々な都合で融資などで資金調達ができないような経営者の人や、どうしてもファクタリングですぐに資金が必要だという人は参考にしましょう。

 

ファクタリング審査では何が見られる?

チェックポイントとしては会社の手持ちの売掛債権を買い取るかどうか、ということを決めるために重要視しているところがあります。

つまり売掛金が本当にあるのかという点や、その売掛金精算までの期日は60日以内が妥当なのですが、それよりも長いのではないかなど、という点が見られます。

該当のものは不良債権ではないかとか該当の仕事が終わっているのか、という点もチェックされます。

また東京のファクタリングの場合、該当の請求書がしっかり発行済みなのかどうか、という点や売掛金がもう別のファクタリング会社などに売り出されているようなことはないか、という点も見られます。

それから過去の支払い状況や個人事業主なのかどうか、という点などもチェックされるのです。

そしてこの辺がしっかりとチェックされていた場合には、ファクタリング契約はその後難しくありません。

最も断られる要因としては売掛債権が存在していなかった、というパターンです。

その事については、あちらも調査のプロであり誤魔化しはできない、ということは押さえておきましょう。

 

融資が断られる場合もファクタリングはできるその理由

東京のファクタリングの審査においては対象となることは少なく借り入れられる、というわけではないので、融資を断られたパターンでも利用ができる可能性があるのです。

逆に売掛債権の審査を重点的に行うことでそのチェックを兼ねている、ということが言えます。

パック持ち込みができる売掛債権についてしっかり理解しておきましょう。

まず再建に関する商品やサービスを提供し終えているのかどうかと言う点や、請求書が発行された事件なのかとか生産日が決定している債権化とか、過去支払い履歴が両国花での力生産日が半年以内か、という採点をチェックされます。

経営者が資金調達をする方法として融資がまず最初に浮かびますが、融資の場合は金銭の貸借であるのに対し、ファクタリングの場合は売掛債権の売買という形式をとるため、必ずしも審査が同じチェック結果が同じになる、ということはないのです。

手数料としては融資の場合金15%以下なのに対して買取金額の1.5%から15%程度であり、それからチェック対象は会社自身の信用力が融資を受ける重要ポイントになりますが、売掛先の信用力の方が大切になります。

それから調達可能金額は評価によって、変動するのに対しファクタリングの売掛金の範囲内となりリスクも売掛先が破綻した時の責任を負わない程度であり償還請求権がないということもありますので、後融資の場合は売掛先が破綻した時の責任は負います。

 

融資とファクタリングの審査ポイントの違い

融資の場合チェックされるポイントはその融資を受ける会社の経営状態が健全か、ということです。

それは決算書を参照して行われます。

それから税金などの滞納を起こしていないか、という点や直近で返済に遅延が見られていないかとか、それから会社の貸借対照表に対し今回の融資額が妥当なのかどうか、という点いや会社の売上推移が下がってしまっているのではないかとか信用情報が汚れていないかなどが見られます。

一方でファクタリングの方ですと、売掛金が本当に存在するのかというところや、売掛金の仕事や不良債権などが見られるわけです。

つまりチェックポイントが大きく違うので、融資の結果が落ちてしまったからといってこちらも不可能ではないことを押さえておきましょう。

しっかりとたとえ落ちてしまった場合でも、その理由をちゃんと把握することによって、再審査などでもまた通る場合などもあります。

その点をしっかりと把握しておくことが重要になるのです。

再審査を入れる時には、その基準を満たしている売掛債権を入れるように心がけ融資のようにチェック落ちすることで信用情報に傷がつくこともありません。

東京では不良債権を出してしまうと目をつけられるようなこともありますので、その点は注意しておきましょう。

 

チェックされる項目について理解しておく

売掛先企業の内情が重視されることは既に述べましたが具体的には、どのような情報をもとに信頼性が判断されるのでしょうか。

その点をしっかり理解しておくことで手続きなどのスピードアップにも繋がるので、参考にしてください。

会社の実務レベルにおける審査材料が重要になるので、持っている売掛債権と照らし合わせながら読んでいくようにすると良いです。

まず一つ目は、登記情報提供サービスです。

登記情報は一般財団法人民事法務協会が運営している登記情報提供サービスを使うことで、誰でも調べることができます。

ファクタリングチェックでは必ず確認されます。

その利用者や取引先の両方をチェックされることによりますが、特に不動産登記情報と商業法人登記情報と動産譲渡登記情報でので、それから債権譲渡登記情報が参照されます。

利用者の商業法人登記情報や債権譲渡、登記情報の二つがチェックポイントとなり代表者名や所在地などが申し込み内容と異なっていたりはしないか会社が間違いなく存在しているのか、ということが確認されるのです。

それから他の会社に譲渡されていないか、ということをしっかり確認します。

 

書類以外のポイントもチェックされることに気をつける

以上のようなことのみならず顧客の人柄も大きく影響することに気をつけましょう。

そもそもこの制度を利用するような場合では会社はもちろん難しい経営状態に立たされている、ということは確かです。

書類に不備がなく回収の目処がある、ということも最低条件ではありますが、たとえ際どいような場合でも経営者が信頼おける人なら前向きに検討してくれるようなこともあります。

売上債権の3割程度に抑えておくことが、妥当な前倒し比率と考えられているので、その点に注意して申請を行いましょう。

それから必要書類などをしっかり揃えておくことも重要です。

各書類の準備がスムーズに行われているか、なぐり書きや誤字などが多い場合なども印象が悪くなります。

もちろん発行物の有効期限もしっかりチェックされますので、その辺の確認も忘れずに行っておきましょう。

入社面接などでも誤字脱字で書かれた履歴書は、不採用になってしまうようなことと同じことなのです。

書類は内容の前に政治性をしっかりと伝える重要なアイテムと考えむしろ武器として捉えることが大切です。

 

最後はしっかり誠実さをアピールする

資金繰りが行き詰まり困り果てるような場合に誠実さをアピールすることは、少し大変かもしれません。

しかしチェックする側からすれば何か問題が起きたような時でも、責任を維持して頑張れる人かどうか、ということを見て結論を下しています。

ファクタリング会社が騙されるような詐欺事例もあるので、その人柄や信頼性に関してかなりナイーブになっている、ということも押さえておきましょう。

逆にあなたが貸す側であったらしっかりと返す気持ちがある人に気迫に負けて、信じてみようと思ってしまうことがあるのではないでしょうか。

また、面接面談中の対話や対応もとても大切です。

対等なビジネスパートナーとして接することがとても大切ですし、変に卑屈になりすぎる必要もないですが、手数料を支払っているのだ、という高圧的な態度ではしっかりとした信頼関係は築けないでしょう。

経営状態や会社の概要についてもあちらは調査のプロなので、隠し事などをせず腹を割って話す方がチェックが通りやすくなります。

それからもちろん身だしなみにも気を付けスーツで第一印象を良くするように心がけることが承認率に影響するのです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧