【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で探すファクタリング会社の信頼性を知る方法とは

公開日:2019/03/08  

東京には多くのファクタリング会社が存在するため、それぞれの特徴を知って選ぶことが大切です。

それでは健全な会社を見極めるためには、どこに着目すればよいのでしょうか。

ここでは東京で信頼性の高いファクタリング会社を探すための方法を紹介しています。

悪徳業者を避けるためにも、正しい会社選びの方法を知ることが重要です。

 

怪しい業者も存在するのでよく見極めをしよう

東京にはさまざまなファクタリング会社が存在しますが、すべての会社が安全なわけではありません。

どのような業界にも悪徳業者は存在するため、よく見極める必要があります。

怪しい業者に遭遇してしまうと高額な手数料を請求されますし、売掛先のクライアントに知られてしまうこともありえます。

安全な業者選びをするためには、大手で実績のある会社を選択することが何より大切です。

ファクタリングの比較を行っているランキングサイトを活用するのもよいでしょう。

実店舗が設定されていることも重要なポイントで、ネットだけで取引するような会社は問題ありです。

キャッシングならネット完結で借りられるのは当たり前になっていますが、ファクタリングでは要注意です。

高額の現金をやり取りするわけですから、しっかりと審査を行ってくれる会社を選択しましょう。

審査のハードルを低くしている会社は申込者にとってありがたいと思うかもしれませんが、審査に時間をかけてしっかりと行ってくれる会社のほうが信頼性は高いです。

こうした会社は手数料が安く、プライバシーを厳守したサービスを提供していることが多いです。

 

実態が不明瞭な会社とは契約しないこと

東京のファクタリング会社の中には、実態がよくわからない会社も存在します。

健全な会社は公式ホームページを所有しており、会社概要を明記しています。

ここをチェックしても企業データがほとんどない、もしくは会社概要自体を公表していない場合は問題ありです。

また信頼できる会社は対面審査を導入しており、よく話し合った上で資金調達が可能か判断していきます。

対面審査を用意することなく、ネット完結や郵送書類での契約ができてしまう会社には要注意でしょう。

こうした会社と契約してしまうと、契約内容と現実の話が違うという状況になりやすいです。

当初は10%の手数料が設定されていたのに、あとから20%に変わってしまったなどもあります。

実態が不明瞭な会社と契約したら、悪徳業者だったというケースもあります。

ファクタリングによる現金調達を希望しているのに、借金をするように説得されたりすることもあります。

そもそも健全ではない会社ほど自社情報を提供するのを避けたがるものです。

直感的に怪しいと感じた会社とは契約しないのが得策でしょう。

安心できる会社の特徴は大手であること、運営実績が豊富にあることです。

 

取引実績が豊富にある会社を選ぼう

健全なファクタリング会社かどうか知るためには、取引実績を調べてみるのが得策です。

例えば公式ホームページ上で1万件の取引実績があると記載されていれば、悪質な会社ではないとわかるはずです。

そもそも怪しい会社は取引実績を公表しませんし、会社概要すら記載していないでしょう。

実績の多い会社は安定的に利用者がいるため、信頼性が高いと考えることができます。

逆に実績が少ない会社は、経験が少ないと言えるわけです。

取引実績以外では会社の特徴をよく把握しておく必要があります。

個人事業主をターゲットにしている、30万円の少額から調達可能、二社間ファクタリングに対応しているなどがあります。

利用には原則として面談が必要になりますが、一部には面談なしで契約できるところがあります。

怪しい会社の場合は面談なしで契約するのは問題ありですが、大手・老舗会社ならその限りではありません。

企業実態が明確になっており、電話番号・営業時間・アクセスを明記している会社を選択してください。

もともとファクタリングは中小企業を主なターゲットとして誕生しましたが、最近は個人向けに対応できる会社も登場しています。

 

対象者を明確にしている会社を利用しよう

もともと東京のファクタリング会社の多くは、中小企業に向けて資金調達のサポートをしていました。

中小企業は大手と比べてキャッシュフローが不安定になりやすく、売掛金の入金が遅れると経営が傾くことは少なくありません。

資金調達の方法としてはビジネスローンが一般的ですが、際限なく借りられるわけではないです。

すでに十分な金額の借入をしている場合、追加融資を受けられない可能性があります。

そのような状況で役立つのがファクタリングであり、最短即日で調達できる会社も登場してきました。

会社選びをするときは対象者を把握する必要があり、誰をターゲットにしているのか調べておきましょう。

最近は個人を対象にした会社も誕生しており、給料を担保とすることで借りられるサービスもあります。

手数料を支払って給料の前借りをする感覚に近く、借金には該当しないので安心です。

そのため個人信用情報機関に延滞・債務整理の履歴が登録されている状態でも問題なく利用できます。

ローンよりは現金調達に時間がかかることが多いですが、平均すると即日~5日間くらいになることが多いので決して長くはありません。

 

手数料を低く設定した会社から選ぼう

ファクタリングには金利という概念はありませんが、その代わりに手数料が発生します。

金額は低ければ低いほどよいため、事前によく確認しておきましょう。

東京のファクタリング会社では三社間と二社間のサービスを提供しているところがあります。

手数料を比べてみると三社間が1~5%くらい、二社間が10~30%くらいとなります。

両者の決定的な違いは売掛先に対して、売掛債権譲渡の事実を知られるかどうかです。

三社間の場合は売掛先とも協議をしますので、確実に発覚することになります。

ただし手数料は低く抑えられているので、より多くの資金調達が可能になるわけです。

二社間の場合は売掛先には知らされませんから、プライバシーを厳守したい方におすすめです。

その一方で手数料は高く設定されるので、調達できる金額は少なくなります。

手数料はローンの金利に該当しますから、1%でも低いほうがお得です。

利率を業界最低クラスに設定している会社を選ぶことがポイントなので、各社を比較して決定してください。

実際に問い合わせをすれば利用者別に適量利率を答えてくれる会社もあります。

 

利用者の満足度の高さで会社選びをしよう

信頼性の高いファクタリング会社を東京で探すときは、会社の満足度を調べておきましょう。

満足度が90%以上あれば高評価の会社と考えられます。

信頼性の高い会社の特徴には手数料が他社よりも低いこと、原則として面談契約を必要としていること、プライバシーの厳守を徹底していること、などがあります。

ほかにも24時間365日で対応してくれる会社もあるなど、会社によって特性が異なるのでよく比較して選んでください。

即日~翌日入金が可能など、振込がスピーディーな会社はリピート率が高いです。

入金スピードが早くなるほど手数料は高くなる傾向がありますが、スピード入金・低手数料を両立している会社もあります。

ビジネスローンだと審査に時間がかかり、中には1ヶ月以上も要するケースもあります。

すぐに現金調達をしないと資金がショートするという状況では、入金スピードが重要になるわけです。

スピード入金に対応している会社は全般的に大手や老舗が多く、数千万円の高額調達が可能なところもあります。

健全な会社はお問い合わせ対応もしっかりしていますので、初期対応もチェックして利用する会社を見極めてください。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧