【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でも便利に活用できるファクタリングに必要な書類はなに?

東京では金融機関からの融資に代わり、新たな資金調達方法が普及を見せています。

それはファクタリング契約という方法です。

契約の締結にあたっては必要書類を取り揃えておくことが、迅速な現金化のためには必要です。

スムーズに手続きを進めて審査を通過するための必要書類や、手続きの流れなどについて紹介しましょう。

 

ファクタリングとはどのような取引か

ファクタリング取引とは中小企業などの利用会社が、取引先に対して取得している売掛金債権などを支払い期限前に売買して現金化するというものです。

額面額に対して審査結果に基づいて手数料が決定されて手数料分控除した金額が依頼者に支払われることになります。

約束手形の手形割引に類似していますが、取引先が倒産して売掛金を回収できない事態になっても、保証責任を追及されることが無いのが異なっています。

資金繰りが潤沢な会社であれば、支払期日を待つことが出来るだけでなく額面額100%の回収をはかることが出来ます。

これに引き換え、売上金をそのまま運転資金に充当しているような資金繰りに余裕がない会社では、取引先の支払い不能リスクや想定外の出費があるとたちまち運転資金難に直面します。

例えば医療機関や介護施設では、自己負担金のみが現金収入になっており社会保険から支払われる報酬債権が入金されるまでにタイムラグが存在します。

こういった診療酬債権のように現金化するまでに時間のかかる債権を買い取ることでキャッシュフローを改善することが出来るのが、ファクタリングのメリットです。

 

謄本や印鑑証明書

東京でファクタリング取引を開始するにあたっては、各種の必要書類を準備することがスムーズな手続きのために必要不可欠です。

現金を調達するには金融機関からの融資がありますが、必要書類には融資とは異なる部分もあります。

迅速な現金化のために、必要書類は手際よく調達しておくことがポイントです。

まず利用会社の基本的データを提供するための、基礎データを公的に証明するための書類が必要になります。

そこでまず法務局で商業登記事項証明書を取得することが必要です。

商業登記事項証明書を参照することで、会社の代表者や本店の所在地・法人として設立された日付などを公的書類で確認することが出来ます。

また契約書には会社の法務局届出印(いわゆる会社の実印)を押印することになります。

契約書に押印された印影と、登録された実印との印影が同一のものなのかを確認するために印鑑証明書も必要になります。

会社の印鑑証明書は法務局で取得することになるので、商業登記事項証明書と同時に取得しておくことで効率的に書類を揃えることにもなるでしょう。

取得後3ヶ月の有効期限が設定されているのが一般的なので、取得日にもご注意ください。

 

身分証明や業績を示す書類

契約書の締結には代表取締役が押印することになりますが、そのときの本人確認のために運転免許証やパスポートなどの身分証明書の提出を求められることもあります。

身分証明書には色々な種類がありますが、写真つきのものを求められる場合もあるようです。

国民健康保険被保険者証などの写真がついていない書類の場合、複数の身分証明を要求されることもあるので注意して下さい。

BtoBの場面では会社などの事業者との取引を検討するにあたり、会社の過去の実績や従業員数や事業を開始してからの年月の長さなどが重視されます。

こういったリアルな会社のありようは、全部登記事項証明書だけでは把握できない部分があります。

そこで会社の業務内容を理解してもらうための書類を要求されるのが一般的です。

パンフレットを提出したり、会社のホームページに記載されている会社の歴史や過去の業績を紹介しているページをプリントアウトしたものを提出することもあります。

このようなときには名刺を同封するのが一般的です。

これらの資料を通じて反社会的制力とのつながりがないか、なども調査されます。

 

決算書

ファクタリングを開始するには、利用会社の財務状況を判断できる書類も必要です。

基本的に直近3年分の決算書が必要になります。

前回の決算日から3ヶ月を経過しているような状況では、当年度の決算書がさらに必要になる事もあります。

この書類は金融機関から融資の審査を受けるときにも必要で、財務状況は融資の判断に当たっては非常に重視されます。

事業開始以降の日が浅かったり赤字決算や税金滞納などが続いていると、審査はまず通過しません。

これに引き換え、ファクタリングでは通過することも珍しくないのが特徴です。

これほどの際立った違いがあるのは、融資と違って取引先の信用状況が重視されることが影響しています。

そのため売掛金に支払い延期が見られたりすると、審査にはマイナスの方向で影響を与えることになります。

逆に取引先の信用力が高いと見込まれる限り、利用会社が赤字決算の場合でも審査を通ることがあります。

そして融資の審査に落ちると、個人の信用情報にキズがつくことになる訳です。

しかしファクタリングではこのようなリスクがないので、申し込むについての敷居が低くなっています。

 

売り掛け先との契約書や通帳

東京でファクタリングの契約を締結するについては、取引き先との基本契約書も必要になります。

売掛債権が正当な契約に基づいて存在していることを証明するための、重要な証拠になるからです。

正式な契約書などを確認できないときには、納品書などで代替する場合もあるようです。

基本契約書を補強する資料として、利用会社が掛売りした際の契約書や納品書・売掛金の請求書などもあります。

これらの書類で取引実績などを確認することが可能になります。

とりわけ2社間取引では、相手方との取引の実態が審査においては重視される傾向があるようです。

取引相手にファクタリング会社が確認することが出来ないからです。

さらに過去の入金の記録を確認できる書類も必要になります。

具体的には相手方からの入金が記帳されている通帳の写しなどです。

入金日について遅延などが判明されないようであれば審査では有利に働きます。

反対に過去にさかのぼって遅延情報などがわかるようであれば、審査には不利に働くことになるわけです。

ファクタリングでは売り掛け先の信用性が重視されるので、詳細な書類が必要になる訳です。

 

納税証明書

東京の中小企業主の方がファクタリングを契約するにあたっては、給料明細納税証明書の提出も必要です。

給料明細や納税証明を参照することで、税金の滞納の有無等を確認することが叶います。

金融機関での融資の審査の場面では、税金滞納があると致命的と言えます。

ただし取引先の信用性が重視されるファクタリングでは多少の税金が残っていても、さほど大きな影響を与えることは無いようです。

しかし滞納額が大きく期間も長期化しているような場合では、注意が必要です。

最悪の場合、利用会社の口座に入金されたタイミングで税務署から差し押さえられてしまう事態もありえるからです。

このような事態は当事者にとって大きなリスク以外の何者でもありません。

そこで税金の延滞がそれなりの額に上るときには、利用会社は税務署と事前に交渉しておくことが賢明です。

例えば一時に滞納分の税金を支払うことが難しい場合には、分納などの可否を相談しておくことが大切です。

以上の書類がファクタリングをはじめるにあたっては必要になってきます。

必要書類を事前に用意しておき、円滑に審査を通過できるように注意してください。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧