【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングの審査はどのくらいかかる?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/03/11

銀行の融資などと比較して審査が通過しやすく、また手早く資金調達ができる手段として、個人事業主や中小企業の経営者などがよく利用するサービスの一つがファクタリングです。

ファクタリングは公的融資や銀行融資と比較するとすぐに審査が終了しますが、東京で利用した場合には具体的にどのくらいかかるのでしょうか。

詳細を確認していきます。

 

審査完了までに要する時間を解説

まず結論から申し上げますと、東京の優良ファクタリング会社を利用して事業資金を調達する場合、最短で申込みをした当日に現金を得ることが可能ですし、3日以内に資金調達ができる可能性が非常に高くなっています。

実際にファクタリンには自社と専門業者だけで手続きを勧める2社間取引と自社と専門業者、先方の3社で手続きを行う3社間取引がありますが、東京の専門業者の多くは2社で手続きを進める場合には最短で即日、平均して3日から4日程度で実際に資金調達が完了しているのです。

2社だけで手続きを進める場合、やや手数料が高めというデメリットがありますが、その分手早く現金の調達ができますし、先方にファクタリングの利用を知られてしまうこともないので有り余るメリットが得られると考えられるのです。

一方、3社で手続きをする場合には即日の現金の調達は難しく、10日から20日程度の日数を必要とします。

3社でやり取りする場合、手数料が圧倒的に安いメリットはありますが、2社でのやり取りと比較すると時間がかかります。

急いでいる場合には2社でやり取りすると良いでしょう。

 

審査通過後もすぐに資金化ができるとは限らない

3社で取引をする場合、即日での現金の調達が難しく、概ね10日から20日程度の日数を必要とします。

ですが、申し込みから審査完了まで10日から20日程度かかるのかというとそうではなく、現金の調達が可能かどうかの結論はもっと早くわかります。

結論が出た後でも実際には売掛金の売買取引を完全に完了させるまでには様々な諸手続きが必となるため、結論が出た後でも実際に現金が手元に入るまでには若干のタイムラグが生じることとなるのです。

2社間取引も東京では最短で即日現金が調達できるという業者が幾つもありますし、申し込みから結論が出るまでの通知は実際に即日届く業者は幾つもあります。

しかし振込みまでの平均的な日数が即日ではなく3日前後となっているのは、その後に行わなければならない諸手続きにやや時間がかかってしまうからなのです。

ファクタリングは最短で即日売掛金の資金化が可能ですが、どんな場合でも即日で契約が完了するわけではありませんし、むしろ即日で契約が完了するのはやや珍しいケースだと考えられます。

一般的には3日程度の日数が最短日数であることを念頭に置いておきましょう。

 

入金日数が審査に影響を与える

できるだけ早く現金を調達したい場合、手早く審査を通過することが重要なポイントと考えられます。

ファクタリング審査の中でも特に重要なファクターと考えられているのが売掛金の入金までの日数であり、この点を抑えて申し込みをすることでより早く現金調達ができる可能性が高まります。

売掛金の入金までの日数とは、文字通り先方が振り出した売掛債権が実際に振り込まれるまでの日程であり、これがファクタリング審査には大きな影響を及ぼしています。

ファクタリングでは業者が手数料を徴収する代わりに利用者は期限の利益を得ることができますし、貸し倒れリスクを軽減できます。

業者からすれば最も怖いのが売掛金を振り出した企業が倒産してしまうことであり、売掛金が入金されるまでの日にちが短ければそれだけ貸し倒れリスクが少ないですし、逆に日にちが長ければ貸し倒れリスクが高くなります。

このような理由から振り込まれるまでの日にちが短ければそれだけ手早く審査を通過できますし、日にちが長ければその逆となります。

急いで現金を得たい場合にはできるだけ入金されるまでの日数が短い売掛金を売るのがポイントなのです。

 

申し込みから調達までの具体的な流れ

実際に東京のファクタリング専門業者に申し込みをしてから、実際に現金の調達が完了するまでの具体的な流れを確認していきましょう。

東京で事業展開しているファクタリング業者への最初のコンタクトですが、基本的にはWEBからの問い合わせとなります。

もちろん電話で問い合わせの対応している業者も多いですが、電話の場合営業時間内でないと問い合わせができないケースもあるので、急いでいる場合にはWEBから問い合わせをするのがおすすめです。

申し込みをした後は業者から電話でヒアリング調査があり、問題がなければメールやFAXなどで契約書類や契約に必要な書類を送付し、本格的に手続きが開始となります。

内容に不備や問題がなければ最短で即日契約を結ぶこととなり、その後は債権の譲渡手続きなど諸手続きを経て業者画から入金があり、契約手続きは完了です。

なお契約の際には代表者の本人確認書類や印鑑証明書、決算書や確定申告書、登記事項証明書や売掛金の内容を証明できる書類、預金口座通帳などの書類が必要となります。

これらの書類を事前に用意しておくとスムーズに手続きができます。

 

すぐに現金を得たい場合の注意点

ファクタリングを利用する事業者の多くができるだけ手早く現金を得たいと希望していることが考えられます。

できるだけ手早く契約を完了させるためのポイントなどを確認していきましょう。

すぐに契約を完了させるための大きなポイントの一つが利用金額です。

利用金額が巨額の場合、各種手続きなどに時間がかかるケースが多く、入金までに時間がかかります。

実際に東京の業者の多くが即日現金の調達をしたい場合には利用金額が300万円以下であること、という条件をつけているので、急いでいる場合には少額で申し込みをしましょう。

また契約の際には決算書や確定申告書などの数多くの書類をしなければなりません。

書類用意に手間取っていると即日の調達は難しくなってしまうので予め準備をしておくことが大切と考えられます。

加えて、申し込みの時間帯も重要となります。

午後の遅い時間に申し込んだ場合、精査の作業などが翌日に回されてしまうことが考えられます。

できるだけ午前中の朝早い時間に申し込みを行うことが重要となります。

利用する業者の営業時間を調べ、営業開始直前にWEBからコンタクトを取ると良いでしょう。

 

契約の際の注意点などを解説

東京で事業展開をしているファクタリング会社は手数料も安く、安全・安心して利用できる業者がほとんどです。

しかし全ての業者が優良業者ではありませんし、実際にサービスを利用する際には幾つかの注意点があります。

利用の際に抑えておくべきポイントを解説していきます。

まず業者が発した言葉の中で分からないことがあれば質問をし、疑問を残さないこと、さらに契約内容についてきちんと理解しておくことが挙げられます。

業者の中には売買取引ではなく債務契約を結ばせようと書類作成をする業者もありますし、債務承認公正証書を作成したり、契約書の控えを渡してくれないなどの悪巧みをする業者も存在します。

このような業者は悪徳業者である可能性が高いので、ある程度話が進んでいる場合でも絶対に契約を締結しないようにしましょう。

またWEBでは安い手数料で資金調達ができると謳っておきながら、いざ契約する直前になるとWEBで明示してあるよりも悪条件での契約を迫るケースもあります。

こちらが急いでいることから足元をみて契約内容を変更するような業者とは契約しないようにしましょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧