【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングの審査を通過するコツや審査基準とは?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/25

個人経営など比較的規模の小さい会社を運営していると、資金繰りで困った経験がある方が多いのではないでしょうか。

今回はそのようなときに役立つファクタリングについて、東京で審査を通過するコツや審査基準について紹介します。

売掛金の種類と二重譲渡に注意

審査のときによく見られるポイントは、売掛金の種類と二重譲渡されていないかどうかです。ファクタリング会社は売上の回収ができればどんな経営状態であっても別に構わないという意図があるので、企業自体よりもその会社が持っている売掛金がどのようなものなのかに興味があります。

そもそも売掛金は基本的に数ヶ月後に回収される債券です。したがって売掛金の支払いをする会社が回収まで倒産しないで経営を続けられるかどうかを基準にしているところが多いです。

他にもその売掛金が毎月決まって発生しているか、突発的なものであるかを確認します。毎月安定してその企業からの売掛金が発生しているのであれば、貸し倒れするリスクは低いといえますが、突発的な売掛金だと、本当にお金が入金されるかどうかがわからないのでその分リスクがあるといえるでしょう。そのような突発的な取引の売掛金だと、手数料が多くかかってしまう場合があります。

二重譲渡されているかどうかも、厳しくチェックされる項目です。すでに他の会社へ売上債権が渡っているのに、他の会社へ譲渡するケースが増えています。

さらに差し押さえのリスクがないかどうかもチェックされます。税金などを滞納していて税務当局に売上入金口座が差し押さえられていると、ファクタリング会社が回収する前に国に没収されてしまうからです。したがって売掛金をチェックすると同時に、税務当局へ問い合わせて差し押さえされていないか確認することがあります。

売上金は一度利用している会社の口座へ入金してから送金されるシステムになっていますが、売掛先が支払わなかったり倒産したりしても、利用している会社は何の責任も問われません。したがって売掛先企業の信用情報を徹底的に調べることになります。

調査方法は、直接売掛先企業へ連絡するわけではなく、信用情報会社を利用して調べることになります。大手の会社だと反社会勢力が関わっている会社とは取引をおこなわないところが多いので、反社会勢力であるかも一緒に調べます。

利用する会社を比較することがポイント

審査を通りやすくするコツは、まず申込みをする前に利用したいと思っている会社を比較することです。利用したいと思っている方の中には、すぐにでも資金調達をしたいと考え切羽詰まっている方もいるかもしれませんが、焦りは禁物です。

事前に手数料や入金までにかかる時間、買取するときの金額、評判などをしっかりと見比べて、自社に合った会社を選ぶことがポイントになります。中には悪徳会社が混じっていることがあるので、甘い条件を出している会社には注意しましょう。

悪徳会社を利用してしまうと、自社の利益を損ねてしまう恐れがあるからです。悪徳業者であるかどうかを見分けるポイントは、手数料率、審査や契約にかかる費用がしっかりと明記されているかどうかです。

健全な会社であれば手数料や費用について詳しく明記されているので、曖昧なことしか書かれていない会社は利用しないようにしましょう。絶対に悪徳業者を利用したくないと考えているのであれば、直接会社に出向いて担当者から話を聞くことが有効です。健全な会社であれば、面談のシステムがなくてもしっかりと相談にのってくれる可能性が高いからです。

個人事業主が利用する場合は、小口専門の会社を選ぶのが有効です。そのような小口専門の買取業者の特徴は、薄利多売をモットーに少額の取引をおこなっているところが多く、個人事業主であっても比較的審査に通りやすくなるからです。またこのような会社は、多くの個人事業主が利用しているため、手続きもスムーズにおこなうことができ、迅速に資金を調達できるというメリットもあります。

個人事業主は小口専門の買取業者を利用して、利用実績を作ることによって、2回目以降の利用を迅速におこなえるようになります。ちなみに大企業を専門に取り扱っている会社では、裁定取引金額が1億円というところもあるので、そのような会社に個人事業主が申込みをしても審査には通りません。

どのような規模の会社を取り扱っている業者であるかよく調べてから申込みをするようにしましょう。会社を比較して適当なところを見つけたら、申込みをおこないます。申込み方法には電話申込みとWEB申込みの二種類がありますがWEB申込みで申し込むことが大切です。

電話だと口頭になってしまうので伝えた内容を残しておくことができないからです。WEB申込みであれば希望買取額や希望入金日を残しておくことができるので、念のためWEB申込みを利用するようにしましょう。それによって余計なトラブルを防ぐことができます。

申込みした後にはしっかり質問に答えることが大切

ファクタリング会社に申込みをすると、電話がかかってきて数問ほど質問に答える必要があります。どのような質問を受けるかというと会社名や売上規模、資金金額や業種、希望金額などです。

他にも売掛先の会社のことや希望入金時期、資金の予定使途を聞かれることもあります。なぜこのような質問をするかというと、いたずらなどではなく実在する会社かどうかを証明するためです。

また売上規模に対して希望金額が妥当であるか、無理難題を押し付けてこないかなどを質問によってチェックしています。したがってこの質問を受ける際は、聞かれたことをしっかり答えて絶対に嘘はつかないことです。曖昧な答え方をしてしまったり嘘をついてしまったりすると、利用することができなくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

この電話での質問で不具合がなければ、本格的な審査に入ります。このときにチェックされることは、回収可能な売掛金であるか、資金調達企業が持っている債権であるか、差し押さえのリスクはないかなどです。このようなチェックをスムーズに通すためのコツは、丁寧な対応で誠実さをアピールすることです。

これらのチェックをおこなうのは基本的に機械ではなく人なので、その担当者としっかりと信頼関係を築くことがポイントになります。申込みするときのメールや質問を受けるときの電話、面談時の対応なども重要になってくるため、丁寧に対応して誠実さをアピールするようにしましょう。

適度な希望金額にすることもチェックを通りやすくするポイントになります。初めて申し込みをするのに無謀な金額を提示すると、不審に思われ高い金額を設定されたり、利用を拒否したりすることがあるからです。したがって売上規模や保有している売掛金金額を考慮して適度な金額にすることがポイントになります。

他にも事前に書類をしっかりと用意しておくことも大切です。用意しなければならない書類を抜かりなく揃えておくことによって、担当者がスムーズに手続きをおこなうことができるようになるからです。言われた書類をきちんと用意しておかないと担当者の印象も悪くなってしまうので、書類は迅速に準備しておくようにしましょう。

 

ファクタリング会社の審査をスムーズに通すコツは、さまざまな会社を比較して、自社に合った会社を選ぶことです。また質問されたら嘘はつかず明確に答え、書類などを迅速に用意するようにしましょう。無謀な金額を提示することもよくないので気を付けることが大切です。

また悪徳業者にも引っかからないようにしましょう。このような点を注意してファクタリング会社を利用することによって、迅速に資金を調達することができます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧