【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京で検討中のファクタリング|2社間取引と3社間取引ってなに?

事業資金が必要なのに金融機関への融資にすべて断られてしまうケースも少なくありません。

消費者金融やビジネスローンなどを使って融資を受ける方法もありますが、東京の中で融資を受けるのであれば金融業者ではなく、ファクタリングを利用するのがお勧めです。

東京には取引を行う会社が多数あるので、利用する際には比較が大切です。

 

即日現金化ができるサービス

金融機関からの融資を断られてしまった、しかし金利が高めの消費者金融を始め、ビジネスローンなどを使わずに資金繰りができる方法はないだろうか、こうした模索をしている経営陣も多いのではないでしょうか。

もし、売上債権がある場合にはファクタリングの利用がお勧めです。

これは支払いが決定しているけれども、支払期日が先になっている売掛金や売掛手形を現金に換えるやり方で、即日現金化ができる方法もあるのです。

債権は請求することができる権利の総称でもあり、第三者となる会社が売掛金や売掛手形を買い取り、お金に変えて貰うことができるサービスです。

ちなみに、自分がある人にお金を貸した場合、自分はお金を貸したので返して貰う権利を持つことになりますが、これを債権と呼び、お金を貸した自分は債権者、お金を借りている人は債務者の関係になるわけです。

そして、債権には売掛金・受取手形・未収金などいくつかの種類がありますが、数か月過ぎた後に入金が行われる、高値で譲渡がしやすく、なおかつ不良債権化しにくい売上債権の売掛金や受取手形を利用するのが特徴です。

 

2つの違いについて知っておく

ファクタリングの取引には大きく分けると2社間3社間の2つの取引方法が存在しています。

東京の中でサービスを提供している会社の多くがいずれかの方法で売掛金や受取手形などの現金化を行っているのですが、2つの違いを知っておくことはサービスを利用する上でとても重要なことになるのです。

2社の場合は、自分とサービスを提供する会社との取引になるので、取引先の会社は関与しませんし、通達する必要もないのです。

仮に、現金化するために未払いになっている会社に通達が行われるとビジネスとしても関係が崩れてしまう恐れもあります。

その理由はいろいろなことがあるかと思われますが、お金に困っている会社などと思われてしまうと、次の契約ができなくなってしまう、折角優良企業との契約ができても以降の仕事が入らなくなる恐れもあるわけです。

3社間取引の場合は、取引先の会社との3つの関係で行われるものですから、相手先の会社にサービスを利用することを知られてしまいます。

もし、相手先企業に知られても良い時には3社間、知られては困る時には2社間で行うのが良いのです。

 

即日現金化ができるためにはどのようにすれば良いのか

3社間の取引は、債権者でもある自分と債務者でもある取引先、そしてサービスを提供するファクタリング会社の3つの取引になります。

但し、東京の中でサービスを提供している会社の多くが2社と3社間の取引も可能にしており、最短即日での現金化を売りにしている業者も少なくありません。

売掛債務を専門の会社が買い取るもので、買い取りした会社は数か月経過しないと現金を受け取ることができません。

これは債権が移行した場合でも条件が同じわけですから、買い取りした会社は期日が来るまではお金を手にできないデメリットを持ちます。

そのため、サービスを使う時には手数料を支払い、この手数料を得てサービスは成立しているわけです。

3社間と2社間の取引を比較した場合、3社間の場合には債務者に相当する会社が関与して来ますので、その分資金を得るまでには時間を要してしまう、但し、手数料については2社間よりも安いと言います。

これに対して2社間の場合はもめごとなどが起こりにくいため、手数料が高めではありますが、最短即日で現金化ができるなどの違いがあるなどメリットやデメリットを知っておくことをお勧めします。

 

契約締結までの流れについて知る

ファクタリング契約の締結は2社間と3社間では異なるのが特徴です。

どのような違いがあるの、これからファクタリングサービスを活用して資金調達を検討されている人は把握しておくことが大切です。

2社間の場合は債権の移動がなく、契約締結から早期支払いの実行、売上分の返済などの流れで行われます。

これに対して3社間の場合は、ファクタリングサービスを提供している会社に債権そのものを譲渡し、譲渡を受けたファクタリング会社は自己の責任において売掛金でもある債権回収を行うなどの違いがあるわけです。

ちなみに、3社間の場合は2社間とは異なり、債務者になる取引先の会社への通知もしくは同意が必要になるのも特徴です。

2社間の場合では債権譲渡や取引先への通達が省略できるなどからも、決済が行われるまでのスピードが速くなります。

2社間でのファクタリングサービスの流れは、相談・申し込み、債権額や債権内容の調査、取引額の確定、ファクタリング契約の締結の順に行います。

その後は、ファクタリング会社から手数料を差し引いた残りの現金を最短即日で受け取る、後は債務者から売掛金の払い込みが実行される流れです。

 

中小企業の資金調達の方法について

中小企業が行っている資金調達のやり方の中でも最も多いと言われているのは、民間の金融機関からの借入およびファクタリングです。

この割合は全体の約29%であり利用している中小企業経営者の数が多いことが分かります。

続いて多いのが役員からの借入で全体の約21%、助成金や補助金などを利用しているのは全体の約19%です。

これらの割合の合計は69%になるわけですが、残りの31%は政府金融機関からが約16%、残りの15%は役員・知人からの出資や親族・知人からの借入、そしてその他の出資や会費などと言われています。

大企業の場合は金融機関からの資金調達が多いようなのですが、中小企業の場合は第三者に対して資金を募る方法や株式の第三者割当増資や社債を発行するなどのやり方を使わないのも特徴的です。

ファクタリングや債権担保融資などを利用する中小企業が多くなっており、今後もこうした資金調達法は増加が見込まれる、需要が多くなると言います。

尚、需要が高まることで多くの中小企業経営陣が活用することになるので、悪質な業者も増えるのではないでしょうか。

 

ファクタリング会社を選ぶ基準について

インターネットが普及したことで、投資や資金の流動は目覚ましい発展を遂げていると言っても過言ではありません。

また、ネット普及は日本国内の中で見ても、貯金思考だったものが欧米のスタイルを見習って投資思考へと移り変わっているのではないでしょうか。

こうした考え方や発展などは様々なビジネスシーンの中で大きな活躍や利便性の向上などに繋がっており、これに伴い騙されてしまう人も少なくないのです。

自分だけは詐欺に遭わないと思っていても、詐欺を働く人は様々な角度から隙を狙い襲い掛かろうとしているわけですから十分な注意が必要です。

ファクタリングは即日現金化もできるサービスでもあるわけですが、こうした会社の中にも悪徳と言えるような業者も存在しています。

即日現金化が可能と聞くと資金繰りに困っている人はすぐに使いたいと考えるケースは多いと言えましょう。

しかし、悪徳とも言えるような業者も存在しているわけですから選ぶ時には第一に信頼性を確認する、その次に対応の善し悪しや対応スピードなどの迅速性や手数料などを比較して決めるなどの方法がお勧めです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧