【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

東京でファクタリングするために知りたい違法業者を回避する方法

東京にはたくさんのファクタリング業者が存在していますが、違法業者は存在しないのでしょうか。

闇金のような業者が存在するとしたら、見極めるためのノウハウが必要になるでしょう。

ここでは違法業者を回避するためのノウハウを紹介しています。

健全な業者を見つけてお得に資金調達をするためにも、悪徳業者の特徴をしっかりと把握してください。

 

手数料が高すぎる業者には注意

金融機関が密集しているエリアである東京は、ファクタリング業者も数多く存在しています。

しかし違法業者が存在する現実もありますので、回避する方法を把握しておく必要があります。

例えば手数料を相場より高く設定している会社は要注意で、譲渡を希望する売掛金の30%になるとかなり高いと言えるでしょう。

1,000万円の売掛金譲渡に対して、300万円の利息が発生するのは消費者金融以上の高利息です。

そもそもファクタリングとはローンではなく、クライアントからの売掛金を担保にすることで、価値に見合った資金提供を受けるものです。

手数料が高すぎるとキャッシュフローがマイナスになる可能性があるので注意してください。

また当初は手数料を安く提示していても、後から契約内容を変えてくる業者も存在します。

当初は10%だったのに、後から契約書を見たら50%に変わっているなどです。

契約書は契約内容を記載した証明書と言えるもので、この書類がないとトラブル発生時の証拠として機能しません。

契約書類を渡さない業者は論外ですから、絶対に利用しないようにしましょう。

悪質なファクタリング業者を回避するためには、大手金融機関のサービスを利用する方法がおすすめです。

 

闇金に遭遇する可能性を考慮すること

ファクタリング業者は消費者金融ではなくローンの取り扱いはしていません。

しかし闇金がファクタリング業者になりすまして運営しているケースは実際にありますから、東京でファクタリングを活用される方は注意してください。

怪しい業者には申し込まないことが鉄則なので、たとえ超好条件を提示していても無視しましょう。

例えば名前をまったく聞いたことがない会社で、住所・固定番号も不明という状況なら健全ではないと誰でも判断できます。

常識的な範囲を超えた好条件を提示している業者は、一度疑ってみる必要があります。

東京には数多くのファクタリング業者が存在しますが、法的に明確な手数料の基準は定められていないのです。

例えばローンだと実質年率によって最高金利は20.0%に設定されていますが、ファクタリングにはこうした制限がありません。

つまり業者の言い値がそのまま手数料になるので、悪徳業者が参入しやすい特徴があるわけです。

闇金に遭遇してしまうと、決まって借金をするように勧めてきます。

その金利は年率1,000%を超えることもあるなど、法定金利の数十倍に達しています。

 

対面与信を導入している会社を活用しよう

最近は対面与信を採用する消費者金融は減少してきていますが、借り手・貸し手の双方にとってベストな審査方法であることに違いはありません。

実際に対面することで相手が信頼できるかどうか判断することができるわけです。

電話・書面だけでは伝わり切らない部分が必ずありますので、最終的に面会してみるのが一番です。

これはファクタリング業者にも言えることで、面談つまり対面与信を必須とする業者を活用してください。

一部の業者は書類だけで契約できる旨を謳っていますが、契約書類のコピーはその場で受け取るのがベストです。

契約内容が後から勝手に書き換えられていた、といった状況は避ける必要があります。

ファクタリング業者は東京に集中しており、都内以外に在住している方が利用する場合も、原則として対面与信が必要となります。

キャッシングなどは取引金額が少ないので書面だけで契約するリスクは低いですが、ファクタリングは億単位の取引になるケースもあるのです。

少なくとも数百万円以上の取引になることが多いので、しっかりと対面審査をして判断してくれる業者を選ぶようにしてください。

 

担保を要求してくる業者には注意

融資商品とは異なりますので、売掛金譲渡をすれば担保は不要です。

それにもかかわらず建物・土地などの担保を求めてくる場合は、違法業者と考えてよいでしょう。

違法業者は新しいサービスが誕生すると、急激に増加するという性質があります。

新サービスは法律の抜け穴が多いため、違法業者が参入するために都合がよいわけです。

例えばファクタリングには上限金利が設定されていないので、闇金並みの手数料を請求されるケースは実際にあります。

また相手が闇金ではなくても、違法ギリギリの運営をしている業者は存在します。

いわゆるグレーの部分で営業している業者は多く、そうした業者のサービスを利用すると大損するでしょう。

例えば1,000万円の調達をするために、500万円の手数料を支払うのはどう考えても正常ではありません。

新しいサービスに対しては、利用者が鈍感になりやすい問題があります。

法律で規制をされていない状態では、健全か悪質か判断するのが難しいわけです。

一つ言えることは、担保を請求してきたり高額な手数料を設定してきたりする業者は危険だということです。

 

知名度のある金融機関のサービスを活用する

違法業者に遭遇してしまう方の特徴として、業者のキャッチコピーに飛びついてしまうことがあります。

不自然なほどの好条件を提示していても、疑いもなく申し込んでしまうわけです。

もちろん違法運営をしているのは業者ですが、利用者側がちょっと気をつければ危険を回避できることは多いです。

怪しい業者を避けるためには、知名度のある金融機関を利用することが挙げられます。

誰もが知っている金融機関と契約すること、申込やお問い合わせは公式ホームページから行うことを徹底してください。

大手の金融機関はホームページを所有しており、非常にこだわった作りになっています。

ホームページは金融機関の顔であり、自己紹介のようなものです。

ホームページを所有していない業者のサービスを利用するときは、会社概要ネットの口コミをよく調べてください。

例えば所在地や電話番号、設立年月日などの記載がない場合、怪しい会社だと考えて間違いありません。

本当に肝心なことを記載していないのは、正常な運営をしていないためです。

ホームページをチェックするだけで、その業者が健全かどうかの大まかな判断ができます。

 

クライアントに契約の事実を知らせる業者には注意

ファクタリングは売掛金を譲渡するという性質上、売掛先のクライアントには知られたくないという方が多いでしょう。

そこで用意されたのが2社間のサービスであり、これはクライアントに情報通知がされないメリットがあります。

クライアントを含めた3社の話し合いで決定する3社間のサービスに対して、圧倒的にプライバシー性が優れているのです。

ただ違法業者の中には2社間の契約であるにもかかわらず、クライアントに事実を通知してしまうところがあります。

プライバシーを厳守しない業者は、運営に問題ありと考えてよいでしょう。

違法な手数料を設定してきたり、契約内容を後から書き換えたりする可能性があります。

一部の違法業者には契約書類なしで契約できる、面談せずに電話だけでOKなど、ありえない条件を提示してくるところがあります。

これらは利用者にとって嬉しい内容でしょうが、実際はオトリである可能性が極めて高いです。

健全な業者ほど契約書をしっかりと用意し、面談審査を必須としています。

悪徳業者と契約してしまう人に共通するのは、悪徳業者に連絡をしたことです。

健全な業者探しのノウハウを把握しておけば、悪徳業者を避けることができるのです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
第2位 えんナビ
第3位 PMG
記事一覧