【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

給料ファクタリングを利用するときはどんなとき?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/02

給料ファクタリングという言葉を聞いたことはあるでしょうか。給料とは、働いた個人が請求できる権利です。その権利をファクタリング会社に譲度することで、事前に給料がもらえるのです。しかし給料ファクタリングを利用するのは具体的にどういったときなのでしょうか。今回は、給料ファクタリングを利用するタイミングについて解説します。

急な出費のときに給料ファクタリングを活用

毎日の生活のなかで、急にまとまった出費が必要になるときがあります。たとえば、身内や知人が急に結婚をした、または亡くなったというような冠婚葬祭のときには、預金がなくては焦ってしまいます。結婚式はとてもおめでたい席ですが、参列するとなるとご祝儀の他にもかなりの出費が想定されます。哀しみの席である通夜や葬儀も同じことです。

また、家族や知人と旅行に行きたいと話していても、資金がなくては参加できません。また、怪我や病気など予期せぬことが起きたときのことも考えなくてはなりません。その他にも、災害などで家が壊れた場合や、家族のなかに介護を必要とする可能性があります。

働いた分の給料の前借りができるファクタリングは、給料をもらえる権利を売ることによって資金が調達できるため、短時間でまとまった金額を手にできるサービスです。予期せぬ出費で困っているときに大いに役立ちます。しかし、給料ファクタリングも即日に調達できるかというと、それは難しい可能性があります。ファクタリング会社にもよりますが、利用したいと考えたときには、事前にファクタリング会社に確認をとっておくといいでしょう。

会社からの給料が遅れているときの緊急対策として活用

会社の経営状態によっては、給料が大幅に遅れることもあるでしょう。社会情勢が不安定となったとき、会社の資金繰りが危ういとき、経営者との間になんらかのトラブルが発生したとき、経理担当者のミスによる可能性など理由はさまざまです。

しかし、従業員にとっては1ヶ月の給料遅れでも生活は成り立ちません。給料が未払いの場合なら、労基法違反となり、罰則を求めることもできます。賃金を請求する権利は従業員にあるからです。しかし、支払いが遅れているというだけで未払いではないので、法律的に訴えることも難しいでしょう。

そんなときにも、給料ファクタリングは大いに活用できます。給料を請求する権利を買い取ってもらう方法なので、遅れてもなんら問題ではありません。遅れて入金された給料を、そのままファクタリング会社に返済するので、後々トラブルになることも少なくてすみます。

しかし、会社が経営不振の場合は、倒産してしまう危険もあります。その場合、ファクタリング会社は買い取った給料の権利を使用することはかなり難しくなります。利用者に返済義務が発生してしまいます。利用するときには、リスクについてもきちんと知っておくようにしましょう。

副業を始めたいときに給料ファクタリングを活用

副業が解禁されたことで、サラリーマンが副業するというのは、珍しいことではなくなりました。将来のためにも、できるだけ早く副業を始めたいと考えている人もいるでしょう。しかし、副業というのは種類にもよりますが、準備をするときには意外とお金がかかるものです。持っている預金だけでは足りないというときに、給料ファクタリングを活用するという方法があります。資金調達の方法はさまざまです。

たとえば、銀行などの金融機関から融資を受けるという方法もありますが、審査にはかなりの時間がかかる場合もありますし、審査に合格するかどうかもわかりません。また、周囲の人に援助を申し込んでも、成功するかどうかはわからないのです。給料をもらう権利を売っているので、融資とは違うところに魅力を感じる人もいます。

融資を受けた場合は、利子をつけて返済しなくてはいけないため、損をしていると感じがしますが、事前に給料を前借りしておけば、副業で収入を得ることが可能で、後日入った給料で返済すれば問題はありません。自分のしたいことをすぐに始めるときが、給料ファクタリングを活用するタイミングです。

給料ファクタリングを活用して副業を始めることは可能ですが、必ずしも副業が成功するとは限りません。そのときには、結局生活は苦しくなる一方なのです。また、手数料もかかるため、給料が全額手元に入るわけではないのです。利用するときには、メリットだけを見ずに、デメリットについても知っておくようにしましょう。

 

給料ファクタリングを利用するタイミングはさまざまです。冠婚葬祭や、旅行などの娯楽、または災害による家の破損や、病気や怪我で働きたいときに大いにメリットになります。

また、会社の経営不振などで給料が遅れたときにも、やはり助けとなってくれます。そして、副業を始めたいときなど、まとまった資金を必要とするときに役立ってくれます。しかし、利用するときには手数料がかかるなど、デメリットとなる面も知っておくことが必要です。




【注目記事】
サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第3位 えんナビ
えんナビの画像
第4位 PMG
PMGの画像
記事一覧