【東京】口コミでも評判のファクタリング会社5選!【個人向けの給料ファクタリングにも対応可能な売掛金買取業者も紹介!】

ファクタリングを東京で検討中の方も闇金業者には注意して!

公開日:2019/03/08  

東京では中小企業の資金需要に充たすために、ファクタリングを活用する動きが活発になっています。

売掛金債権を支払い期日前に早期現金化することが可能な為、金融機関から融資が難しい状況でもキャッシュフローを確保できることから取引額は年々増加を続けています。

しかし闇金業者も入り込んでいるので注意が必要です。

 

ファクタリングには曖昧な部分がある

ファクタリングとは、取引先に対して取得している売掛金債権を早期に現金化することを言います。

受け取り手形の現金化と類似していますが、支払期日に支払いがなされないと裏書譲渡した前者に遡及されていくことになり保証責任を負担することになります。

これに対してファクタリングの実態は売掛金債権の売買にあたるので、約束手形のように保証責任を負担するというリスクはありません。

この点は取引先が倒産しても、回収不能リスクを回避できるというメリットになります。

しかし債権の売買という実態なので融資とも異なっています。

この曖昧な部分が問題点にもなっているわけです。

現金を調達できるので事実上融資と同じ側面をもっていますが、債権の譲渡とその対価の支払いという形式をとっているので融資に関する利息制限法や出資法などの法律の規制を直接受けることはありません

そのため法外な手数料を徴収している悪徳業者の暗躍を許している一因にもなっているのです。

実質的に出資法などの上限を大幅に超過した手数料を請求する業者のなかには、闇金業者が進出しているとの指摘もされているところです。

 

2社間取引に大手が参入しない理由

ファクタリングには大きく分けて、2社間と3社間の二つの取引形態があります。

原則的なのは3社が契約当事者になるスタイルで、利用会社である御社から相手方会社に債権譲渡した事実を通知して、売掛金の支払先も変更になるというものです。

この方法では相手方会社も売掛金の支払先を間違えることがなく、二重弁済のリスクもないので関係当事者にとって一番危険性の少ない形態と言えます。

しかしこの方法には重大な問題点をかかえています。

それというのも取引相手方会社にファクタリングを利用している事実が、知られることになるからです。

そうなると御社の信用状態についての、信用不安を取引先に与えることになります。

このような信用上のリスクを回避するために、2社間取引が利用されることがよくあります。

この形態では売り掛け先が当事者に関与することはなく、御社を通じて現金の支払いがなされることになります。

ただ資金繰りに難渋している会社を経由することになるので、ほかの目的に流用されたり差し押さえを受けるリスクが高くなります。

そこで東京で闇金業者などは2社間取引を持ちかけて、工学の手数料を請求する事例が跡を絶たないわけです。

 

償還請求権つき取引を持ちかけてきたら要注意

しかしながらファクタリングを利用するにあたっては、危険性の高い闇金業者なのかは一見してわかりづらいものがあります。

いくら闇金業者を出自としている場合であっても、いかにも怪しげな担当者と顔をあわせるとはいえないからです。

見た目はまともでいても、法律の規制を大幅に上回る手数料を請求してくる業者に遭遇しないとはいえないわけです。

そこでポイントになるのは、事態が売掛債権を担保にした融資になっていないかという点です。

とはいっても資金繰りばかりに関心がとられて緻密な判断をするのは、困難な事態もありえます。

簡単に見分けるポイントには「償還請求権がついていないか」という点を指摘することが出来ます。

償還請求権がついているということは、取引先が倒産して回収不可能の事態に陥れば御社に肩代わり弁済を請求してくることになります。

目安になるのはファクタリングであるにもかかわらず担保を請求してくる場合です。

これは売掛金債権を担保にして、高金利で融資を持ちかけているということを意味しています。

このような契約を締結すると、高金利の利息の支払いを長期間余儀なくされることになるわけです。

 

実際に摘発された業者の実例とは

売掛金債権の売買を装って、違法な高金利で融資を行っている事例は東京をはじめ全国で確認されていますが、摘発にいたった事例はあるものの氷山の一角と見られています。

過去に当局から摘発を受けたのは大阪の事例になります。

この事例では100万円の未収金債権を担保にして、ある会社に現金を交付しました。

取引会社はその後も40万円の利息を支払ったものの、残債務の80万円弱の支払いを執拗に迫られたため、専門家に相談し事実が露見した結果、警察の捜査を受けて摘発逮捕される流れとなっています。

この取引は法的に分析すれば100万円の売掛金債権を担保に実に70%もの金額を天引きして交付し、その後も執拗に高額の利率に基づく利息の請求を続けています。

従ってファクタリングを謳った高額の違法融資と判断されて、出資法違反で逮捕されることになった訳です。

闇金業者は法律改正によって、貸金を利用して収益をあげることが難しくなっていることが影響して、ファクタリング業者を名乗って活動している場合が珍しくありません。

資金繰りの苦しさにつけ込んで、危険性の高い業者に遭遇する危険性があることは念頭におくべきです。

 

闇金業者の被害にあわないために大事なこと

東京で中小企業の経営を継続するためには、資金繰りが必ずしも潤沢とは限らない点を踏まえると闇金業者を利用してしまうリスクは一定程度存在しています。

正当な取引を利用すればキャッツシュフローも改善し、事態も切り抜けることが出来たのかもしれないのに闇金業者を利用したことでお金も社会的信用も失ってしまえば倒産する可能性すらあります。

そこで悪徳業者の見分け方を確認しておくのが有益です。

ファクタリングでは3者間取引では債権譲渡通知書を作成することがありますが、悪徳事業者はこの点も悪用しています。

2社間取引にもかかわらず債権譲渡通知書を作成し、「返済しなければ取引先に譲渡通知書を送る」と脅しをかけて高金利での利息支払いを強要してくるのはよくある手口です。

また元本を支払うことが出来なければ、利息だけとりあえず支払わせておいて、元本の支払いを先延ばしにする「ジャンプ」というのも手口も使います。

そもそもファクタリングは債権売買なので、利息や保証人をつける担保を最速してくるような業者は相当怪しいと疑ってかかり利用を断るなどの決断をする必要があります。

 

悪徳業者を見分けるポイントとは

闇金業者を中心にした悪徳業者にとっては、一回きりの取引の手数料だけが収益になるファクタリングよりも、長期間利息を請求することができる利息付債権担保融資のほうがうまみが大きいと考えられます。

彼らにとっては、法律の規制が曖昧なファクタリング取引を装いながら、利息制限法や出資法を大きく超える実質金利による融資を行うことが非常に都合がいいのは明白です。

そこで売掛債権担保を求めてくるような業者とは契約をしないことが賢明です。

ところでファクタリングは赤字決算や銀行融資を断られた企業でも、信用性の高い売掛債権を保有している限り資金調達を可能にする点で経営者の皆さんに、非常に魅力的です。

他方で手数料を差し引かれた金額が交付されることになります。

本来は入金期日まで待つことの出来る資金余力があれば、券面額満額を手にすることが出来るはずのところを、手数料を支払うことで現金化するわけです。

従って数社に相見積もりをとって、実際の手数料を比較して買取額の高い業者を選ぶことがポイントです。

いくら資金需要に逼迫しているといっても、買取額が低すぎる業者は選択しから除外すべきでしょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
第1位 七福神
七福神の画像
第2位 えんナビ
えんナビの画像
第3位 PMG
PMGの画像
記事一覧